仮想通貨口座は作った?ならウォレットも準備しよう!

こんにちは。モアモアコインです。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼んでいて、その中でもまだまだICOされたばかりのマイナーコインを草コインと呼ばれていますね。

2018年は草コインに動きがある年と言われています。仮想通貨で一攫千金を狙うなら今年がラストチャンスかもしれません。

安く仕入れて高値で売りたいものですね!

仮想通貨の種類は無限大!

2018年1月29日現在、

coincapで確認できる通貨は1148種にも及びます。

「草コインをかたっぱしから買っていけばどれかは上がるだろう。」

そういった方もTwitterで見受けられました。

単価が安いので軽視しがちですが、大抵の草コインを取引するまでに

  1. 国内の取引所にて日本円を入金し、BTCやETHに換金
  2. 換金した仮想通貨を国外取引所へ送金
  3. 国外取引所にて欲しい草コインを購入。
  4. 草コインを用意したウォレットへ送金し、保管
  5. 草コインが暴騰したら取引所へ送金し、BTC等と換金
  6. 国内取引所へ送金し、日本円を出金

手順としてはざっと書けば6工程ですが、何が面倒かというと

購入した草コインをウォレットへ保管しなければならない事です。

取引所に仮想通貨を預けておくのは、キャッシュカードと暗証番号を銀行の受付に置いておくのと変わりません。

正確には違いますが、考え方は同じです。

もし貴方が多額の資産を取引所に預けているのであれば、すぐにウォレットへ移すべきです。

ウォレットには2種類ある

コールドウォレットホットウォレットの二種類あります。

コールドウォレット・・・インターネットと完全に切り離されたもの。(紙やハードウェアウォレット等)

ホットウォレット・・・スマフォやPC上で管理できるもの。

ホットウォレットはMyEtherWalletが定番です。

イーサリアム以外にもトークンを追加する事で様々な通貨に対応します。

登録方法はまた後述させて頂きます。

一般的にはホットウォレットが便利ではありますが、インターネット上でバックドア等の不正アクセスされるリスクは0ではありません。

その為、盗まれない為にはコールドウォレットへの切り替えをオススメします。

コールドウォレットLedger-nano-sがオススメです。こちらも様々な通貨に対応している上、

日本人ユーザーも多いので分からない事があっても解決しやすいです。

2018/1/29現在、3月27日まで入荷待ちとなっています。

需要は高まっていますので、早期ご購入をオススメします。

また、Amazonや家電製品店での購入も可能ですが、商品の特性上やめてください。

まだ報告例としてはありませんが、バックドアウィルスを仕込まれる可能性があり、

多額の資産を入金したものの、いつの間にか盗まれているといった事になりかねません。

必ず公式サイトから購入しましょう!

 

 

おすすめの記事