こんにちは。モアコです。

今回はMEW(MyEtherWallet)にて、財布を作成する方法を記載します。

 

MEW(MyEtherWallet)とは?

ETH(イーサリアム)と、イーサリアムプラットフォームにて作成されたERC20トークンに対応するウォレットです。

取引所に預けているとマウント・ゴックスやコインチェック事件の様な、資産を盗み取られるリスクに晒されています。

ウォレットにはコールドウォレットとホットウォレットがありますが、MEWはインターネットを介すのでホットウォレットとなります。

 

コールドウォレットと比べると多額の資産を預けるべきではありませんが、一時的な対策として当ブログではMEWを推奨しています!

 

登録手法

MyEtherWalletにアクセスし、財布を作成します。

※偽URLが出回っている様なので、必ず 「https://www.myetherwallet.com/」と間違えていないか確認しましょう!

 

①財布作成

サイトにアクセスするとこの様な画面が表示されます。

日本語以外の言語になっている場合、右上の赤丸で囲ってある場所から日本語を選択可能です。

大文字、小文字、数字を組み合わせた9文字以上のPWを入力しましょう!

モアコは20文字程度のPWで作っています。資産を守る財布のPWですから、ご自身の名前や誕生日を組み合わせた物は控えましょう!

入力後、「お財布を作成」をクリックします。

 

 

②Keystoreファイルのダウンロード

続いて上記の様な画面が出ます。赤丸で囲っている場所をクリックし、Keystoreファイルをダウンロードしましょう!

このファイルは銀行でいうキャッシュカードの様な物です。盗み取られない様に鍵付きUSBや外付けHDD等、インターネット上と切り離せる場所へ保存できる事が望ましいです。

また、このファイルか秘密鍵を紛失すると財布の復旧が不可能になります。必ずバックアップもとりましょう!

ダウンロード後、下に表示されている「理解できました、続けます。」をクリックします。

 

③秘密鍵を保存

続いて秘密鍵が表示されます。先ほどのKeystoreファイルはキャッシュカードの様な扱いでしたが、

こちらはキャッシュカード+暗証番号の役割を果たす重要な暗号です。今後、この秘密鍵が要求される事があれば間違いなく詐欺だと思ってください。

「お財布紙情報を印刷」より、紙として保管して銀行の貸金庫に預ける方がいるぐらい大切なものです。

私はハードウェアウォレットまでの繋ぎなので、銀行にまで預けてはいませんが…。

こちらもメモ帳に保存してUSBや外付けHDDに保存する事を推奨します。

ここまでで準備は整いました。続いて財布の状態をチェックします。

 

④お財布状態を見る

先ほどの秘密鍵でアクセスする事も可能ですが、今回はダウンロードしたKeystoreファイルでアクセスしてみたいと思います。

☆印で囲ったKeystore/JSON Fileにチェックを入れます。

 

赤丸で囲った「お財布ファイルを選択」をクリックし、先ほどダウンロードしたKeystoreファイルを選択します。

その後、①番で財布作成時に使用したPWを入力します。

 

①自分のMEWアドレスです。こちらの番号をAirdropや送金時に入力します。

※右上にアカウントアドレスと表示されていますが、こちらは入金用のアドレスとは別物です!こちらに送らない様にしてください!!

②秘密鍵です。財布にアクセスする為の管理権限なので、誰にも教えてはいけません!

③所持ETHです。ハードウェアウォレットに送金する際にETHが必要になります。

④入出金履歴です。送金したはずなのに入金されていない時はこちらから履歴を遡れます。

⑤所持トークン一覧です。反映されていない場合、「カスタムトークンを追加」より該当トークンの追加が出来ます。

⑥保有しているETHと他6硬貨との比較がされています。

 

今回はここまで!入金と送金方法はまた追記します。

 

おすすめの記事