LOLの開発者が逃亡!?将来性を見込まれたICOにまさかの展開?

こんにちは。モアコです。

昨日、LOLというアルトコイン(草コイン)が開発者逃亡疑惑に付き一瞬で無価値となりました。

CryptoBridgeに上場が決定して今後益々上昇すると見込まれていただけに、多くのユーザー間で話題になっています。

 

惑星さん
LOLって大笑いって意味だよね?何か関係あるの?

 

サニーちゃん
LoanOrLeaseの略称だよ!名前からして貸し借りを意図していそうなICOだね!

 

LOLはどんな通貨だったのか?

 

総発行数は729万枚に及び、ICOでは0.1BTCで参加できたそうです。

 

LOLはソーシャルレンディングの仮想通貨版とでもいえばよいのでしょうか?

スマートコントラクトを利用し、仮想通貨の貸し借りを仲介者を介さずに行えるシステムで、

ETHかLOLを担保にお金の貸し借りがユーザー間で出来るといったものですね!

既に個人と企業間でのお金を貸し借りするソーシャルレンディングサービスは存在していますが、

そこにブロックチェーン技術がつく事で余計なコストが発生せずというメリットしか残らないICOであったことは間違いないです。

また、ICO参加者先着100名にマスターノード用ラズパイという小型PCを配布していたそうで、これも人気を得る要素の一つでしょう。

 

これは美味しい!と目をつけた草コイナーの方がdiscordのコミュニティを覗くとそこは驚きの光景があったそうです。

 

 

惑星さん
10万程の投資で小型PC貰えるなら僕は投資したかったな~!

 

サニーちゃん
秋葉原で5000円出したら買えるよ。

 

ICOは最初から失敗だった?予想よりも下回る売れ行きに困惑

 

流行れば確実に上昇トレンド間違いなしのICOで、更に小型PCをプレゼントという太っ腹ぶりでしたが、

予想とは反して閑散としたアナウンスチャンネルではひたすら呼び込みが行われていたそうです。

先着100名様にプレゼントならとっくに終わってもおかしくないのに、何故…?と思ったユーザーが買うのを躊躇ったのでしょう。

開発陣はアクティブなのにユーザーは集まってくれない…この頃から雲行きは怪しかったのでは?と思います。

しかし、ICO後はMNに成功、月次報告もしっかり出されていて、Kucoinへの上場も検討中の段階あったそうです。

この辺りは計画的犯行だったのか?開発陣しか知り得ない事ですが、現状でLOLの価値がほぼ皆無になった事実に変わりはありません。

 

 

多くの方が期待を寄せて資金を得たが、実際に運用できるレベルに至らなかった。

しかし、今回の様な一件は今後も続くと思われます。

順風満帆に進んでいたプロジェクトも何かが欠けて、進捗に滞りが続くようであればそのままフェードアウトというのは容易に考えられるからです。

ICOが全て詐欺というわけではありませんが、開発陣の意図に関わらずリスクのある投資という事は心がけていきたいですね!

 

サニーちゃん
あくまで成功するか分からないけど魅力的なプロジェクトに投資するんだ!という気持ちでICOには参加しようね(꜆꜄•௰•)꜆꜄꜆»シュッシュッ
おすすめの記事