こんにちは。モアコです。
大手スマホフリマアプリであるメルカリが新たにブロックチェーン技術を導入しましたね!

グループ会社として設立された「メルペイ」ですが、具体的にどんなサービスを展開していくのでしょうか!?

 

 

惑星さん
フリマ×仮想通貨って感じなのかな?

 

サニーちゃん
売り上げを仮想通貨として得て、好きな時に利益確定とか出来ればフリマ業界も影響受けそうだね!

 

 

メルカリとは?

かつてネットを用いた個人間での売買はヤフーオークションが鉄板でした。

中古量販店等の仲介をしなくて良い分、高く物を売る事が出来、安く物を仕入れる事が出来るのです。

しかしスマホ普及後、PC操作を主としているヤフーオークションは少し扱いづらい点や不便な点がありました。

そこでスマホユーザー向けのフリマアプリがいくつか出現し、その中でも抜群の知名度を得たのがメルカリです!

 

メルカリは今や日本のみならず、世界へ向けて展開されています。

そしてダウンロード数は世界で1億件を超えています!

圧倒的な資産を得たメルカリが次に乗り出したのが、このブロックチェーン技術というわけですね!

 

惑星さん
メルカリって手数料高いのに利用する人多いんだよね~!儲かってるんだろうな~!

 

 

メルペイはどのように発展していくか?

設立から5年しか経っていないメルカリですが、世界中での知名度は抜群です。

そのメルカリが新たなサービスを開始する、それも仮想通貨にターゲットを絞るとなると、2方向から集客効果が見込めます。

メルカリでの売り上げをメルペイ独自の通貨として計上する事が出来、

今後メルペイは様々なサービスと提携していく事で、メルペイの通貨だけで生活が出来るような社会を目指しているそうです。

 

 

 

上記の様な事が実現できるのも、これまでのメルカリとしての信頼があるからこそ実現が出来るのではないでしょうか?

仮に世界中でメルペイが流通したとなると、海外に行ってもメルペイで社会的信用があるという情報を証明できるかもしれません。

住宅ローンの審査等もこれ一つで…色々考えるとかなり社会的で現実的なプロジェクトといえます。

 

問題点はある?

もし「金融に関するあらゆるサービスが完結する」のであれば便利な社会になるのは間違いないはずです。

しかしながら、現状日本ではあまり得策と言えるかわかりません。

日本での仮想通貨の取り扱い区分は、通貨でありながら物を買うと「利確」という扱いを受けてしまうからです。

例を挙げますと、メルカリで売れた分をメルペイでの通貨に交換し、それを用いて飲食店でパスタを食べる行為が利確とみなされます。

 

このパスタを食べた際に利確という扱いを受けてしまうわけです!

確定申告シーズンにメルペイで利確した分をメモしておかなくてはなりません。

この面倒な作業が発生するのであれば、流通するには不十分な要素を抱えていると断言できます。

でもメルカリならその辺り考えてくれていそうな気はしています・・・(笑)

 

今後の情報に期待ですね!

 

惑星さん
じゃあメルペイの通貨に備えていっぱいメルカリに出品しちゃおうかな( 。・-・。`)

 

サニーちゃん
いっぱい手数料とられるよ( •́ .̫ •̀ )
おすすめの記事