突然ですが、私は「おみやげ文化」が苦手です。

誰もが旅行に行くとお土産を買ってきて、皆に配る。

学生ならクラスメイトや友人に、社会人だと職場の方々やお世話になっている方に配る方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

このグラフはお土産を買う個数を表したグラフです。

学生は平均10人分、社会人になると30人分必要な事が分かっています。

何故か出張で地方に行ったからという理由でお土産を買ってくる人がいますからね…仕事で行ったのに何で!?って思います。

私がいた会社では「出張手当はお土産代に消える」といった声もありました。むしろ赤字なのでは!

主婦でさえご近所付き合い等で必要になりますからね・・・。

そもそもお土産って高くないですか?

パッケージの大きさに反して中身は大した事が無いものが殆どですよね。

ご当地キャラが印刷されたチョコレート菓子が10袋入って1000円とかザラですよね。

1個100円のチョコと思って食べてみて思うのは、これならコアラのマーチでも貰ったほうが嬉しいかなという感想です。

パッケージも保管しておくわけでもなく、速攻でゴミ箱行きです。

現地でしか食べられない物も中にはありますが、大抵のお土産って高いと思うのが私の意見です。

 

お土産=食べ物?

あと勝手にお土産=食べ物という解釈で話を進めてしまいましたが、キーホルダーや置物を買ってこられる方もいますよね。

皆さんも一度はご当地キャラのキーホルダーや、よくわからない勾玉のような置物を貰った方もいるのではないでしょうか。

私はもらえる物はありがたく貰っていますが、正直置き場所に困る物も多く、押入れに眠っている事が多いです。

捨てるに捨てられないし・・・

消耗品以外のお土産ってもらって困る人もいるんですよね。

 

そもそもお土産は日本特有の文化

海外では有名な観光地以外、お土産コーナー自体設けていません。あくまでお土産にも出来るようなパッケージとして売られているだけです。

日本の観光地が出しているお土産品はぼったくり価格です。

そもそも何の為に旅行するのでしょうか?自分たちが楽しむ為に行っているのに、いつしかお土産を買う為の旅行になっていませんか?

お土産代を旅費や普段の生活にあてる事でよりQOLも上がると思います。

 

おすすめの記事