今まで私が買って後悔した物一覧を紹介!

よく、買ってよかった物リストって色んな所でみるのですが、逆に買って後悔した物リストってあまりネット上に出回っていないんですよね。

商品を紹介して広告料を得るという点では逆効果なので当然かもしれませんが(笑)

私はオススメされなくても欲しければ買うという感じなので、どちらかと言えば買いたい物が決まってから口コミを見るようにしています。

なので買った人の中で「買わなければよかった・・・」という意見は非常に参考になるんですよね。

 

というわけで、今回は私が買って後悔した物を思いつく限り記載していきます。

※あくまで個人意見ですので、良い悪いは最終的にご自身でお考えください。また、商品の誹謗中傷ではなく主観的視点に基づいた商品への意見です。

1.騒音対策グッズ

 

 

 

第一弾は騒音対策グッズ。

周りの騒音を自然音でシャットアウトすると謳っています。

私は過去、鉄骨マンションに住んでいた頃に周囲の生活音が気になりこちらを購入しました。

夜なのに掃除機や洗濯機をまわしたり、家の前にあるコンビニでは若者が騒いでいたりで…。寝るに寝られませんでした。

毎日毎日、騒音に悩まされていると冷静な判断が出来なかったのかもしれません。

CDプレイヤーで曲を流して周りの音がシャットアウト出来るはずもなく、出来るとしたら相当なボリュームです。

結局使い物にならず1万円したこちらの商品は約2か月で廃棄しました。勿体ない…。

現在、取り扱いはしていないそうですが、そもそも防音には工事が手っ取り早く、出来ないのであれば根本的に音が少ない環境に引っ越したほうがいいです。

 

2.水切りフィルター排水口用(紙製)

 

排水溝の水切りはネットに限ります。

商品は細かなゴミをキャッチと謳っています。当然キャッチできます。が、キャッチした後は水さえ流れずにどんどんシンクに水が溢れかえり、

一度排水溝に浸かったゴミが浮上してくるという地獄絵図に・・・。小麦粉系がちょっとでも入るとすぐ使い物にならなくなります。

こちら100均に売っている物なので、あまり文句は言えませんが、排水溝を毎日変えても追いつかない程ゴミがすぐ溢れかえる仕様は何とかした方がいいかと…。

 

3.クランプ式キーボードトレイ

 

こちらは良いと思う人も多いかと思いますが、私には合いませんでした。

実際に目の前にある机からキーボードとマウスが飛び出ている所を想像してみてください。

 

今まで座っていた椅子を少し手前に引かなければ操作し辛いと思いませんか?

そうなると、今までの机へアクセスし辛くなります。

更に、このトレイは耐荷重性は然程ありません。

私はキーボードを打つ時に手首を机に置く(固定?)したいのですが、

トレイにキーボードを置く事で常に手首が浮いた状態になります。

結果として疲労度がたまるんですよね。

机との距離感を良好に保ちつつ、手首を置くスペースがあれば私にとっては至れり尽くせりでした。

 

4.アーティストグッズ(CDやTシャツ等)

 

昔から好きなアーティストや今でも好きなアーティストはいます。

しかし、学生時代は気が狂ったようにかき集めたグッズも、年を重ねる事に「何故こんなに買ったんだろう?」と疑問を抱く事に。

室内を圧迫する材料にも、引っ越しの際に無駄なコストにもなります。

ずっとファンでい続ける自信があるならいいのですが、長期的な目線でいくと無駄な出費になる可能性が高いです。

 

5.大人買いした〇〇

 

私の場合はお菓子のダース買いですが、やはり欲しい物は欲しい量だけ買う事が鉄則だなと感じました。

勢いで買った物はコストに見合った消化が出来るのかを考えていない事が多いです。

私も今後は気を付けていきたいと思います。

 

6. 既に所持している物を買ってしまった事

 

つい本屋で目にとまった本が既に所有している物だったパターンもありました。

私はこの教訓をいかしてタブレット端末に所有している本のリストを作成しました。

実際、所有している物ってタブレット上で確認出来ると整理出来ている感じがしてオススメです。

 

7.サイズの合わない服、靴

 

当然ですよね。買っても使えない不用品です。

しかしアパレルショップの店員さんは、

「少しダボダボしている方がオシャレですよ!」

「履いているうちになじんで来ますよ~。」

と、推してきます。この推しに負けてはいけません。

また、ブランドにもよりますが、すぐに買わせようと必死なお店には立ち寄らない方が健全です。

 

8.ハイテク家電

 

何万、何十万とする高価なハイテク家電は今の生活に必要でしょうか?

例えば、趣味でカメラを始めたい方がいきなり30万円の一眼レフを購入するのは止めたほうがいいです。

買うとしても、一番安い廉価版を購入しましょう。安い物で満足できなくなってから、より高性能な物を買っても十分間に合います。

さらに、家電は日進月歩で進むと言われています。

勢いで高価な物を買っても、使いこなせなかった時に機能差の分だけ損をし、日が経つにつれてその物自体の価値も下がっていきます。

値下がりが激しい物の購入はより慎重にしたいですね。

 

 

上記が今までの経験を元に思いついた物です。

教訓としては「勢い」「高い」「将来性」の3つを考えれば自ずと必要か不必要か判断できるかと思います。

未来の自分の為にも、無駄な出費は防いでいきたいですね。

おすすめの記事