昨日、FIFAワールドカップ日本vsポーランドの試合が行われた。

前半から後半の序盤にかけてお互いがせめぎあったが、試合経過59分、

 

 

ベドナレクのゴールで先制点を許した。

日本が決勝進出をするには1点を入れるしかない!誰もが残り時間が迫る中、緊迫とした状況での試合となった。

 

しかしその後、同時開催されていたコロンビアvsセネガル戦ではコロンビアが1点入れた事により、

日本はフェアプレーポイント差で2位に上がる事が出来た。

何とこの時点で日本がフェアプレーポイント差で2位に浮上できたのだ。

 

フェアプレーポイントとは?

今大会から導入された制度で、イエロー、レッドカードの枚数に応じて順位が考慮されるものだ。

イエローカード1枚 -1ポイント

イエローカード2枚目(同選手) -3ポイント

レッドカード1枚  -4ポイント

 

今回のケースではコロンビアが1点入れた事により、

日本とセネガルは勝ち点が4、得失点差1、総得点3で並び、引き分け状態であったことから、

残るはこのフェアプレーポイントに委ねられたというわけです。

 

史上初!日本とポーランド戦後半では会場にブーイングの嵐

 

それを知った日本側、西野監督から指示があったのか保守的なプレイに切り替わります。

 

一切攻めない選手達、ボール転がし遊びに切り替わりました。

 

 

ポーランド側は1点差で日本には勝っている

日本はこのまま現状維持したら決勝進出出来る可能性が高い

攻めにいく事でカウンターを受けて点をとられたり、カードを切られる事を恐れた日本側は冷静な判断をしたのでしょうか。

しかし4年に一度の大会、正々堂々とした試合をみたかったファンからはブーイングの嵐が巻き起こった。

 

「日本の恥だ!セネガルが点を入れればいい!」

「決勝進出出来ても観客は負けた気分だ」

「試合は死に絶えてしまった」

「こんなプレイ、むしろフェアプレーポイントマイナス1000でしょ」

 

と、様々な声があがった。しかし動じる事なく試合は終了。

アディショナルタイムの3分がこれほど長く感じた事はあったものか・・・。

 

コロンビアが1点先制した状態で試合終了という放送も遅れて入ったが、

もしセネガルが点を入れていたら、本当に何だったんだこの試合は!?となっていたと思います。

 

何はともあれ結果オーライでいくのであれば、次は7月3日(火)3:00にベルギーとの試合を迎えます。

次の試合では美しい試合がみたいですね!

 

 

おすすめの記事