外食の餃子は高いので、自宅で作ってみましょう!

外食は高い!

 

外食は高いです。

使っても使い切れないほど稼いでるかたからすると、

「時間を買っているから高くはない。」

と言われそうですが、私からすると外食はコスパに見合わないので高いです。

 

そもそも、私は食事にかけていいのは1日1000円だと思います。

それ以上はぜいたくです。

 

私の周りでは喫茶店でのお茶代を「食費」にしているかたがいました。

1日3食のうちの食事でない喫茶店でのお茶は「食費」という枠を超えている気がします。

 

かくいう私も昔は家計簿をつけずに使える分は使っていました。

週に1度はスターバックスの季節限定商品を買って飲んでいましたが、今思えばとても勿体ないと思います。

 

ファミレスで1000円するようなランチセットも、自宅で安い食材を選んで作れば2~300円で作れてしまいます。

時間がかかるもの、コストが元々高いものは仕方がないと割り切れます。

 

ですが、私はこの度思いました。

日本の外食店にある「餃子」は半端なく高いのではないかということです。

 

餃子の原価は安い

 

そもそも餃子の原価は安いです。

調味料を省けば材料なんて

・豚ひき肉(200gで300円程度)

・キャベツ(200gで50円程度)

・にら(一束の半分使います。だいたい50円程度)

・ねぎ(これはお好みで入れます。1/5本程度で20円程度)

・ぎょうざの皮(20枚入りを2セット買って200円程度)

 

だけです。これを適当に切って混ぜて包んで焼くだけです。

上記材料、約600円で具だくさんの餃子が40個出来ます。

自宅で作れば1個15円程度です。

素人が作っても美味しいです。

むしろ、添加物を加えていない分、冷凍餃子より安く美味しく作れてしまいます。

 

有名チェーン店などの餃子は6個で200円はしますよね?

高ければ400円とか500円する餃子もあります。

 

こだわりの食材を使っているのかもしれません。

しかし残念ながら餃子では普通の食材を使っても、良い食材を使っても差は大きく出ません。

 

実際に自宅で三元豚を用いた餃子と、安売りしていた豚肉で試したことがあります。

結果は食感が少し違う程度で味としてはどちらも美味しいんです。

 

ふだん、外食や冷凍餃子を食べているかたは驚くと思います。

餃子は自分で作って、外食するとしても、ふだん作ることの出来ないものを食べましょう!

 

というわけで餃子のレシピを紹介していきます。

 

だれでも簡単!餃子レシピ

 

所要時間はおよそ30分です。

手際よくやればもっと短縮できるかも……。

 

 

~材料~

・餃子の皮 40~50枚(スーパーではよく20枚、25枚入りを見かけます。)

・豚ひき肉 200g

・キャベツ 200g

・ネギ(白でも青でも) お好みで1/5本~1/2本程度

・ニラ 50g(1/2束)

・塩、こしょう(野菜にもみ込みます)

・ごま油(焼き用)

~調味料~ (全て小さじ1で、ミックスします。)

・鶏ガラスープの素

・酒

・みりん

・醤油(濃い口がおすすめ)

・おろしにんにく(お好みで)

・おろししょうが(お好みで)

・ごま油

 

 

それでは実際に作っていきましょう!

 

1.野菜を切ってボウルに入れる

キャベツ、にら、ネギを細かく切ります。

切った野菜をボウルに入れた後、塩をぱらぱら~っとかけておきましょう。

 

2.調味料を全て混ぜておく

上記調味料で挙げた7種の調味料を混ぜます。

 

3.ひき肉を別のボウルに入れて塩コショウをふりかける。

 

野菜とは別のボウルにひき肉を入れて、塩コショウをふりかけます。

かけすぎないように気を付けてください。(不安なかたは小さじ一杯を目安に!)

 

4.二つのボウルを両手で混ぜる

 

両手を使って野菜は塩をもみこみ、肉は塩コショウをもみこみます。

その後、野菜のボウルに肉を入れて、また混ぜます。

 

5.ぎょうざの皮に具を詰める

 

ぎょうざの皮に具をのせて、詰めていきます。

これが一番時間がかかるので手間ではありますが、節約と美味しい食事のために頑張りましょう!

 

6.焼く

 

フライパンにごま油をひき、餃子を並べたら強火で焼きます。

餃子に焼き目がついたら次のステップです。

 

7. 水100ccを全体にまわしかけ、すぐにフタをする

 

片手に水100cc、もう片方の手にフタを持ちます。

水をまわしかけたら、すぐにフタをしましょう。

その後、強火→中火にします。

※油がはねるため注意してください。

 

8. 5分後完成

 

5分後、火を止めて完成です。

フライパンをゆすり、くっついた餃子をとります。

フタを閉めた状態で上下反転させると、綺麗な形の餃子が出来上がります!

 

 

いかがでしたでしょうか?

文章ではなかなかお伝えしづらい点もありますが、2~3回作れば流れは分かり、レシピをみなくても作れるようになります。

白米は餃子を作る前に炊いたほうがタイミングは良いと思います。

 

また、26cm程度のフライパンですと、一度に焼けるのは20個ぐらいかと思います。

冷蔵保存しても良いですが、翌日には食べるようにしてくださいね。

 

ぜひ、挑戦してみてください!

おすすめの記事