Baldi's Basics in Education and Learning攻略法

 

今回はネットで話題のフリーゲーム「Baldi's Basics in Education and Learning」の攻略法です。

 

はじめに

 

私はゲームが好きでよくyoutubeやニコニコ動画の実況をみています。

そんななかで実際にやってみようと思ったのがこちらのゲームなのですが、とても難しい!

 

いわゆる「逃げゲー」というジャンルで、主人公は一人称視点でノートを7冊入手して学校から脱出することが目的です。

単に集めるだけなら簡単なのですが、ノートを集める際に簡単な計算問題を解く必要があります。

問題に時間制限はなく「5+7=」のような小学生レベルの問題です。

 

 

「じゃあ簡単だし、どこがおもしろいの?」となりますよね。

このゲーム、2冊目からの計算問題は解けないようになっています。

 

そして問題に間違えると……。

 

バルディ先生が怒って追いかけてくるようになります。

この先生に追い付かれたらゲームオーバーです。

ノートの問題を間違えれば間違えるほど、速くなります。

 

ノートを集めるだけ速くなるということですね。

3冊までは歩いても逃げきれる速度ですが、4冊目からは走らないと追い付かれてしまいます。

先生は無表情で並行移動してくるので、なおさら恐怖感が増しますね。

はたして捕まったらどんなお仕置きが待っているのか?

そもそもお仕置きではすみそうにない雰囲気です……。

 

他にも妨げとなる障害物が多く存在し、ゲームの難易度は高まっています。

そうとうゲームに慣れている人でないとクリアできません。

 

かくいう私は恐らく30回はプレイしたと思います。

ここをみている皆さんも、もしかすると攻略に行き詰っているのではないでしょうか?

 

今回はそんな「Baldi's Basics in Education and Learning」の攻略法を伝授していきたいと思います。

 

攻略の前に

 

マップの構造や、登場する障害物、アイテムを理解しておく必要があります。

まずはこちらをご覧ください。

 

(引用元:http://baldisbasics.wikia.com/wiki/File:Baldis_map.png)

 

主人公はマップ下部のEXIT 1からスタートしますね。

ノートや重要なアイテムの場所がこのマップでわかると思います。

 

個性豊かな登場人物たち

 

次に障害物となるキャラクターの紹介です。

 

1. バルディ先生

 

今作一番の重要人物です。

ノート1冊目を解いた際は褒めたりコインをくれるなど、優しい一面を持っています。

しかし、問題を間違えたとたんに人間業とは思えぬ口角の曲げ具合をみせたのち、襲ってきます。

「ものさし」を片手に持ちながら「ペチッ ペチッ」と音をたてて迫りくる姿は恐怖満載です。

 

2.  Playtime

 

 

遊び盛りな女の子です。

主人公を見つけると基本的に追いかけてきます。

そして捕まると、強制的に縄跳びがスタート。

スペースキーを押して5回縄跳びをするまで解放してもらえません。

この間は移動できないので、バルディ先生が近い状態で捕まるとほぼゲームオーバーですね。

対策としてはアイテム「ハサミ」を使うことで縄をきることができます。

しかし、その際「principal」がみている場合は「DETENTION ROOM」に拘束されるので注意してください。

 

3.  BULLY

 

 

いじめっ子です。

彼のいる場所を通過すると、所有しているアイテムの内からランダムに盗み取られてしまいます。

盗まれると惜しいアイテムを持っているときは、可能な限り通らないようにしたいですね。

Principalが彼を見つけると「DETENTION ROOM」に連れて行くこともあるようですが、私は見た事がありません。

基本的には自力で対処するしかないようです。

 

4.  Principal

 

 

バルディ先生に次いで脅威となる人物です。

彼に捕まると「DETENTION ROOM」に連れていかれます。

最初は15秒、その後は30秒とじょじょに時間が増えていきます。

この時は、ひたすらバルディ先生が部屋に辿り着かないように願うしかありません。

ゲーム後半になると15秒でも命とりとなるので注意してください。

 

彼の部屋に連れていかれる条件は、

・走らない

・SODA を使用しない

・playtimeの縄跳びを「ハサミ」で逃げる

 

です。

もし捕まったときの対処としては、

・Principal's Keysを使って部屋から逃げる

・Baldi Anti Hearing and Disorienting Tapeを部屋にあるラジカセに入れてバルディ先生を遠ざける

 

といった手段があります。

ただ前者は部屋から脱走することになるので、拘束時間に満たない状態でprincipalに捕まると再び部屋に連れていかれます。

こうなると間違いなくゲームオーバーですね。

 

5.  1st prize

 

ホモです。

主人公を見つけると「結婚してくれ~」といわんばかりに向いている方向に押し出されます。

壁にぶつかるまで押されるので、長い廊下ではスタミナを消費せずに高速移動できるので、うまく活用しましょう。

また、バルディ先生やplaytimeなども押し出すため、直線状に巻き込まないよう注意が必要です。

 

6.  sweep

 

 

掃除熱心なモップです。

ゲームが一定時間進行すると、突然部屋から現れます。

猛スピードで全登場人物を巻き込んで周回するため、近くにバルディ先生がいるときは急いで部屋に隠れましょう。

 

7. Arts and Crafters

 

 

靴下のような見た目をした恥ずかしがり屋さんです。

当たっても何も起きず、無害な存在……と思いきや7冊ノートを集めるとひょう変します。

7冊ノートを集めた後、彼に見つかると猛スピードでこちらに迫り、バルディ先生の付近に連れていかれます。

 

 

こうなるとアイテムを使わない限り逃げる事は困難でしょう。

 

アイテム紹介

 

アイテムを使わずにクリアすることは不可能です。

それぞれの特性を理解し、使うべき場所で使いましょう。

また、アイテム優先度という形で重要度を5段階評価しています。

 

攻略手引きでは実際に使用するタイミングも記載していきます。

 

1. BSODA  アイテム優先度 ☆☆☆☆☆

 

 

ソーダ缶です。

使用すると飲むのではなく、壁にぶつかるまで青いソーダ水がどこまでも飛んでいきます。

バルディ先生やその他の登場人物(BULLYを除く)を壁際まで吹っ飛ばすことが可能です。

Principalも飛ばすことは可能ですが、その後はどこまでも追いかけられてDETENTION ROOMに連れていかれます。

 

2.  Quarter アイテム優先度 ☆☆

 

 

25セントです。

自販機で使えばBSODAを購入でき、マップ左上の電話機で使うことでバルディ先生を遠ざける電波を流してくれます。

このアイテムだけで使用することは出来ません。

基本的にはBSODAと交換したほうが良いですね。

それにしても約25円でジュースが買えるとは、なかなか物価は安いのかもしれません。

 

3.  Energy Flavored Zesty Bar アイテム優先度 ☆☆☆☆

 

 

チョコレートバーです。

使用することで一定時間スタミナを消費せずに走ることが出来ます。

後半は歩いているとバルディ先生に追い付かれるので、ここぞという時に使用してください。

また、こちらをPrincipalの前で食べてもDETENTION ROOMに連れていかれることはありません。

ソーダ水はだめなのにチョコレートバーが大丈夫というのは少しおかしく感じられますね。

 

4.  Principal's keys アイテム優先度 ☆

 

 

DETENTION ROOMの鍵です。

Principalが部屋を出て行った後、扉に使用することで脱走できます。

しかし、カウントダウンが終わる前にPrincipalに見つかると再度連れていかれるので注意しましょう。

 

4.  Yellow Door Lock アイテム優先度 ☆☆☆☆☆

 

 

黄色の扉に鍵をかけられるアイテムです。

使用することで一定時間、扉を使用不可能にします。

バルディ先生に追いかけられている際、ぎりぎりのタイミングで使用しましょう。

また、1つしかないアイテムなのでBULLYに盗まれないように注意が必要です。

 

5.         WD-NoSquee アイテム優先度 ☆☆

 

 

ドアのきしみ音を静かにできるスプレー缶です。

青色の扉に使用することで、ドアの開け閉め時に発生する音をおさえられます。

Principalに拘束されている際にDETENTION ROOMの扉に使用することでバルディ先生が来るのを防ぐことが出来ます。

しかし、既にバルディ先生に見つかっている状態で使用しても効果はないので注意しましょう。

 

6.  Alarm Clock アイテム優先度 ☆☆

 

 

とても大きな目覚まし時計です。

何故学校に目覚まし時計があるのかは不思議です。

使用すると、一定時間後にアラームが鳴り、バルディ先生を寄せ付けてくれます。

自分が行きたい場所の反対側に設置しておくことで、ゲームを有利に進めることが可能ですね。

ただし、既にバルディ先生に見つかっている状態では効果をなさないので注意してください。

 

7.   Safety Scissors アイテム優先度 ☆☆

 

 

ハサミです。

Playtimeに追い付かれて縄跳びが始まっても、このアイテムを使うことで逃れられます。

ただし、Principalがみている状態で使用するとDETENTION ROOM行きなので注意しましょう。

また縄を切った後、Playtimeはその場から立ち去りますが追いかけないようにしてください。

再び振り返り縄跳びを迫ってきます。

 

8.    Baldi Anti Hearing and Disorienting Tape アイテム優先度 ☆☆☆

 

 

バルディ先生が嫌がる音声が入ったテープです。

DETENTION ROOMにあるラジカセにセットすることで高周波ノイズ音が流れます。

この音を聞いたバルディ先生は可能な限りDETENTION ROOMから遠ざかろうとします。

私たちにはノイズにしか聞こえませんが、バルディ先生は何故逃げるのか、疑問が残ります。

 

いかがでしたでしょうか?

アイテムは同時に3つまでしか持てないため、優先度の高いアイテムを取得する必要があります。

次の攻略手引きでは実際に動く流れを記載していきますので、アイテムの使い方が分からない方もご安心ください!

 

攻略手引き

 

ここからが本題です。

実際にゲームをスタートした後は迫りくるバルディ先生から逃げながらノートを7冊集めて、脱出しなければなりません。

 

まずは下記の画像をご覧ください。

 

 

 

① まずは2冊のノートを集める。

 

 

 

EXIT 1からスタートします。

青色の数字が実際にノートを取得する順番です。

1冊目のノートをクリアした後、バルディ先生からコインをもらいます。

2冊目のノートで計算問題を失敗した後、バルディ先生はDETENTION ROOMの隣からスタートします。

その為、スタート時は左の部屋を2番目にすることは必ず守ってくださいね。

 

② 左下の部屋でチョコレートバーを入手

 

 

2冊のノートをとった後、走ってEXIT 1に向かって右に曲がります。

そのまま左下の部屋に入りチョコレートバーを入手し、また部屋を出ます。

再び右側に進み角を曲がって道沿いに行きます。

 

③ BSODAを購入し、3冊目のノートを入手

 

 

最初の分岐を右に曲がり、自販機でBSODAを購入します。

そのまままっすぐ走り、3番目のノートを入手してください。

この際、机上にハサミがあるので入手してください。

※高確率で1st prizeが待っているので、彼に見つかる前にノートの部屋まで走ってください。

 

④ 4番目のノート入手

 

 

部屋を出たらPrincipalやPlaytimeに見つからないように4冊目のノートまで走ります。

マップの中央に位置しますので、さまざまな障害物が待ち構えている可能性があります。

Playtimeがいたらハサミを使って逃げるようにしてください。

4冊目のノートを入手したら中盤へ突入です。

 

⑤ 5冊目のノート入手

 

ここまでくるとバルディ先生は少し本気を出し始めます。

歩いていると追い付かれるので、出来るだけ走って5冊目のノート部屋前まで行きます。

バルディ先生が来たらBSODAを使ってマップ左下の部分まで吹っ飛ばします。

BSODAを使ったと同時に5冊目のノートを入手し、食堂(大部屋)に行きます。

 

⑥ アイテムを補充する

 

 

大部屋ではBSODAとチョコレートバーを入手できます。

入手後は少しハードですがマップの右下を目指します。

黄扉を使用不可能にするロックを入手したら出口はもうすぐです。

 

⑦ 6冊目のノートを入手する

 

6冊目のノートがある部屋は少し広めになっています。

そのため、チョコレートバーを使用して入手した後は全力で部屋を出ましょう。

部屋を出たらそのまま7冊目のノートに向かいます。

 

⑧ 7冊目のノートを入手する

 

おそらく7冊目のノート部屋に辿り着く頃にはバルディ先生はすぐ後ろに迫ってきているはずです。

BSODAを使ってマップ右下の壁まで吹っ飛ばします。

飛ばしたらすぐに7冊目を入手し、部屋を出たら道なりに逃げます。

 

⑨ 黄扉を封鎖し、脱出へ

 

7冊ノートを入手した状態のバルディ先生はものすごく速いです。

途中の黄扉に鍵をかけて、時間を稼ぎつつ、道なりに進んで脱出します。

運が良ければ鍵は使わずに脱出できるかもしれませんね!

 

豆知識

 

バルディ先生は賢くて、距離が離れると最短距離で迫ってきます。

予期せぬ事故を防ぐためにも、距離のあけすぎには注意しましょう。

また、Playtimeに捕まっていても他のPrincipalや1st prize、モップの影響力の方が強いです。

ハサミがなくてもあきらめずに彼らが助けてくれることを願いましょう。

 

 

DETENTION ROOMに捕まった際は部屋からBSODAを使うことでバルディ先生を追いやることも可能です。

対バルディ先生テープや、鍵がなくても諦めずに挑戦してみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

さまざまなルートを模索しましたが、おそらくこの方法が一番安定していると思います。

とはいえ、6冊目のノートを入手するまでの過程がかなり厳しいです。

BULLYにアイテムをとられてもダメですし、モップや1st prizeに押し出されると予測不可能な事態に陥ります。

ましてアイテムがない状態でArts and Craftersと鉢合わせると目も当てられませんね。

 

その他にも脱出方法はありますが、基本的には右上の部屋を最後にした方が安定度は増します。

また1冊目のノート問題に失敗すると、より強力なバルディ先生に挑むことが出来ます。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

 

 

 

 

 

おすすめの記事