ベトナムでは「階段」の言い方に注意しましょう!

 

ベトナムのホーチミン市は、日本でいうところの大阪のような場所です。

日本人の感覚でいうところの「方言」がありますので注意しましょう。

ホーチミンでは通用した発音も、ハノイでは伝わらないことも多々あります。

 

日常生活において困るレベルのものはほとんどありません。

しかし、階段の階数は注意しなければなりません。

 

ベトナム語の「階数」を勉強する

 

ベトナム語での「階」「tầng」です。

基本的にはtầng のあとに数字をつけるだけなので、1階の場合は「tầng một」もしくは「tầng 1」ですね。

 

ただし、ホーチミンの場合は1階を「tầng trệt」と言います。

フリガナをつけるとしたら「タン チェット」です。

2階が「tầng một」3階が「tầng hai」といった感じですね。

 

つまり、ホーチミンのかたが、

「tầng mộtに来てね!」と言うことは2階を意味するのです。

 

余談ですが、私は三重県出身です。

三重県のご年配のかたがたは、3日後を「ささって」と言います。

一般的には「明明後日」が3日後ですよね。

 

大事なシーンでは「3日後の〇日(木)にお願いします。」などと、

日付で指定するので方言による誤解は防げているように思えます。

しかし、階数の間違いはどう防ぐのでしょうか?

「下から3つ上がった〇階でお願いします。」というのでしょうか?

 

私の知人いわく現地に合わせているのではないか、とのことでした。

ハノイで「tầng một」と言われれば1階のことでしょうし、ホーチミンでなら2階。

また、ホーチミンの方同士が集まってハノイのオフィスに行くときなら「tầng một」は2階ではないか、とのことです。

 

なるほど!と思いましたが、これは推測でしかないです。

なので、実際にベトナム人の友人に質問してみました!

 

私「ベトナムって北部と南部で階数の言い方が違うみたいだけど、ホーチミンでは何て言うのかな?」

 

友人「tầng G が日本で言う1階で共通だよ。文字で表現することはあまりない。」

 

という回答をいただきました。

つまり「tầng trệt」はあまり使われないようですね。

確かに数字で表したほうが分かりやすいです。

 

まあ間違えても大きな問題に発展することはないかもしれませんが……。

こうした日本ではないような文化の違いを見つけるのも面白いですね!

おすすめの記事