コスプレは今や世界中で人気を集めている文化です。

Cure World Cosplayはそんなコスプレイヤーが画像を投稿し、シェア出来る世界最大級のマンモスサイトです。

2001年に出来たサイトなので、コスプレ文化の歴史を感じられますね。

 

 

ユーザー数は72万人、180カ国に会員がいるというだけでも規模の大きさが伝わると思います。

世界各国の方々に自分のコスプレ写真をみてもらったり、他の人が撮った写真をみて評価したりと、コスプレイヤーなら大半が登録しているサイトです。

そんなCure World Cosplayがこの度、仮想通貨を発行することになりました。

 

COT公式サイトはこちら

 

 

コスプレに特化した仮想通貨、COTとCPCとは?

 

 

今回、株式会社キュアが発行する通貨は二種類存在します。

なぜ二種類あるのか?と疑問に思う方もいるかと思いますので、順を追って説明しますね。

 

COT (Cosplay Token)とは?

 

こちらは実際に取引所に上場予定の仮想通貨です。

他の仮想通貨と同様、決済手段として利用されます。

ERC20準拠トークンなので、マイイーサウォレットで保管することも可能なのは嬉しいですね。

この通貨を取引所で購入した後、次に紹介するCPCと交換したり、イベントチケットを購入することを可能とする予定です。

 

CPC(Cure Player Coin)とは?

 

 

 

COTコインを使って取引されるのがこちらのCPCです。

CPCのトークン価格は、

トークン価格=準備金÷(トークン総発行量×固定準備率)

で算出されます。

 

このCPCトークンをコスプレイヤーが入手した後、独自のトークンネームを名付けてサービス上に流すことが出来るんです。

例えば、私がCOTコインを使ってCPCトークンを入手します。

それに「モアココイン」と名付けてサービス上に流すことで、モアコのファンがトークンの価値を上げてくれるというわけですね。

コスプレイヤーごとに「優待」サービスを付けることも出来るので、人気が高いコスプレイヤーほど価値の高いトークンを生み出せることが出来るのです。

 

トークンセール情報

 

 

既に終了していますが、トークンセール時の情報を記載します。

 

トークンセール期間:2018年4月9日〜5月6日
トークン名:コスプレトークン(COT)
総発行枚数:10億枚
トークン販売数:5億枚
タイプ:ERC20トークン
購入対応通貨:ETH
初期価格:1ETH=125,000枚
(1COT=0.0001ETH程度)
最低購入数=1ETH~
トークン配布:6/1~6/14順次配布

コスプレイヤーの金銭問題を解決

 

ほとんどのコスプレイヤーは10代~20代の若者です。

人によってはクレジットカードを所持しておらず、経済が絡むと活動がしにくいのが現状です。

魅力的なコスプレ写真を創作している方も、金銭的な問題で活動を休止せざるを得ないことも多々あります。

ごく一部のコスプレイヤーは雑誌やネットでのモデル経験につなげて収益を得ている方もいますが、大半は不可能に終わります。

 

そこで、COTによる仮想通貨支援が役立つというわけです!

 

コスプレイヤーとカメラマンの信頼関係も構築できる

 

 

私はカメラマンとしてコスプレイヤーを撮影したことがあります。

コスプレに触れたことがない方に結論から申し上げますと、カメラマンは男性が多く、コスプレイヤーは女性が多いです。

そして、撮影の際にトラブルへと発展するケースも多々あります。

 

密室での撮影で見知らぬ男性と二人きり……というのは想像しただけでも恐ろしいですよね。

しかし、今回のサービスでは図のようにお互いを相互評価することが可能です。

これなら初対面同士でも安心して活動することが出来ますね!

 

ロードマップ

 

 

2018年1Q:ホワイトペーパー公開、全世界コスプレイベント開催
2018年2Q:開発スタート、採用開始、トークンセール開始
2018年3Q:ウェブサイト公開、東京ミートアップ、国内のテレビ放送、イベント開始
2018年4Q:プラットフォーム、アプリベータ版リリース、全世界ミートアップ、会員100万人
2019年1Q:iOS/Androidアプリリリース、
2019年2Q:チップ機能実装、会員200万人、アプリ100万DL
2019年3Q:会員400万人、アプリ200万DL
2019年4Q:会員800万人、アプリ400万DL

既にホワイトペーパーは公開されて、春にはトークンセールも終了しています。

今後の情報待ちですね。

 

大物アドバイザーの存在

 

 

このCOTに技術アドバイザーとして携わるのは、Bancorを生み出したレヴィユディ氏です。

Bancorとは「売りたくても売れない」ものをなくすという「欲望の二重一致問題」を解決に導いた画期的な通貨ですね。

多くの投資家が注目しているので、今回のCOTも多くの方が注目することでしょう!

 

今後の課題

 

疑問に思うのは72万人のユーザーを持つCure World Cosplayが2019年に400万人の会員を獲得できるか?という話です。

現時点で72万人のコスプレユーザーと、そのファンを集めたら大体これくらいかな?といった感じでしょうか。

確かに人気コスプレイヤーには数千人のファンがつきます。

ですが、専属のファンではありません。

 

例えば人気コスプレイヤーAさんとBさんがいたとします。

ZさんはAさんのファンでもありますが、Bさんのファンでもあります。

 

となると、人気コスプレイヤーをかき集めたところでファンを会員として獲得する絶対数は限られているのではないか?

という見解です。

 

もちろんコスプレとかどうでもいいからトークン集めています!という仮想通貨マニアの方もいらっしゃるかと思いますが。

来年中に800万人は無謀ではないかと思っているんですよね~。

でも、Cure World Cosplayが挑戦しようとしている事は素晴らしいので、実現できることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事