まるで「LOL」?ベトナムで流行りのゲーム「決戦!平安京」について!

 

日本で流行りのゲームといえば「パズドラ」「モンスターストライク」がありますね。

電車でスマートフォンをいじってゲームをしているのをチラ見すると皆、同じようなゲームをやっています。

(満員電車だとどうしても目の前のスマフォ画面に目がいくんです。のぞき見したくてしているわけではありません……。)

 

さて、以前私がベトナムのホーチミン市に行った際に若者の集まるイベントに参加しました。

そして仲良くなったベトナム人に流行りのゲームを教えてもらいました。

それが「決戦!平安京」です。

今回は「決戦!平安京」についてご紹介していきます。

「決戦!平安京」とは何か?

 

「決戦!平安京」のジャンルはMOBAです。

MOBAとはMultiplayer Online Battle Arena」の略で、2チームに分かれて味方と協力しながら敵の本陣を破壊することを目的としたものです。

世界一の人口を誇るLOLもこのMOBAにあたります。

 

スマートフォン、タブレット端末向けに作られたゲームでiOSとAndroidに対応しています。

全10人のプレイヤーが5人1組の2チームに分かれ、敵の本陣を壊せば勝利です。

 

出展https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/heiankyothebattle/pub/%E5%BC%8F%E7%A5%9E%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3/Fotor_152688884635881.jpg

 

マップはMOBAゲームに慣れているかたには馴染みやすいですね。

役割は『侍』『守』『祝』『巫』『射』『忍』の6種類です。

上路(TOP)には攻撃力、防御力のバランスが高い『侍』『守』

中路(MID)には味方のカバーに行ける『巫』

下路(BOT)には序盤は弱い『射』とサポートの『祝』

 

が主に配置されます。ここは少し分かりづらいので、今回はここで説明を終わります。

次いでキャラクターの魅力を紹介していきます!

個性豊かなキャラクターたち

 

 

現時点で56体のキャラクターが存在します。

それぞれ特性があり、戦法も異なります。

全てを使いこなすのは至難の業でしょう。

 

 

声優には梶裕貴など、有名声優も起用されています。

 

 

また、懐かしの日本アニメ『犬夜叉』の主人公もタイアップされています。

陰陽師の世界観と合っていますね!

スピーディなゲーム展開

 

MOBAというジャンルはかなり普及してきました。

類似作品も多いなかで、この「決戦!平安京」は何が魅力的なのか?

まずはこちらをご覧ください。

 

出典https://shocoturn-gamblog.com/wp-content/uploads/2018/03/heiankyo_beta_09.jpg

 

中央上の時間に注目してほしいのですが、現時点で2:18。

まだゲームを開始して約2分しか経過していませんが、既に白熱とした戦いが繰り広げられていますね。

右上には「初めて塔破壊」と表示されていることから、このゲームがいかにスピーディーな物かがこの一枚で伝わってきます。

大体10分、長くても15分で終わるこのゲームは外出先での時間潰しにも良いかもしれませんね。

アジア大会では賞金500万円!

 

まだサービス開始して間もないゲームですが、アジア大会では500万円の賞金が用意されています。

 

 

まだライバルが少ない今なら、頑張り次第で大会に出場できます!

ダウンロードはこちらから

 

いかがでしたでしょうか。

「決戦!平安京」に興味をお持ちのかたは是非、下記からダウンロードしてみてくださいね!

 

 

Google Playでダウンロード

 

App Storeでダウンロード

 

おすすめの記事