LOLのランクマッチでついにゴールドⅤになりました!

かれこれランクを始めてから2か月はかかったと思います。(長いか短いかは人それぞれとして)

 

今回はLOLの立ち回り紹介ではなく、意識的な面でのアドバイスをさせて頂きたいと思います。

全チャンピオンの特性を理解する

 

 

LOLは140体以上のチャンピオンが存在します。

各チャンピオンには特性があります。

敵を拘束することを得意とするのか、ダメージを与えるのが得意なのか、

 

これらを全く理解していない状態では敵と戦う事は出来ません。

スキルが分からないと、うっかり射程範囲に入ってしまったり、

無駄なスキルを使ってしまったり……。

 

とにかく根本的に戦うことが出来ないのです。

全チャンピオンのスキルは把握するべきです。

余裕があればCDがどれくらいかを頭の片隅に入れるべきです。

苦手チャンピオンは実際に使ってデメリットを把握する

 

 

私はカタリナやヤスオが苦手でした。

彼らは強すぎるのではないか、弱点はないのでは?と感じていました。

 

しかし、実際に使用すると打たれ弱さに驚きます。

また、スキルを使うタイミングも難しいのです。

 

味方の誰かがフォーカスされていないと、前に出ることさえ許されません。

 

こうしたデメリットは使ってみるまで分からないものです。

序盤から中盤は強いのに、終盤ではどんどん衰退していくチャンピオンもいます。

 

自分が苦手だと思うチャンピオンについて、理解することは大切ですね!

OPGGで味方と相手の強さを把握する

 

↑チャンピオン選択画面に入った時に表示される名前を全部コピーして貼り付けます。

 

チャンピオン選択画面でOPGG    を使うことで、味方の強さが分かります。

味方に連敗している人がいれば、その人の行動に注意を払います。

 

例えばMIDレーナーで序盤に死ぬ数が多いようであれば、その人はガンクを受けて死ぬような人です。

敵JUNGLEの位置を予測し、MIDレーナーの位置が危ない場合は警告ピンで教えてあげましょう。

 

また、相手の強さもOPGGで調べる事が出来ます。

負け越している人がいれば積極的に仕掛けるべきですし、

連勝している場合は警戒しつつ、育たないようにするべきです。

チームのモチベーションを維持する

 

 

私が不思議なのは、このゲームでコミュニケーションをとる人が殆どいません。

負けそうになってから愚痴を吐く人はみますが、勝つための前向きな発言は殆ど見受けられません。

 

これは不思議なことです。

RIOT社も公言しているように、後ろ向きな発言をすることでチームの勝率はぐっと下がります。

 

逆に、負けている試合でもチームを統括することが出来れば十分勝ちは見えるのです。

 

極端な話、10対30で圧倒的に負けている場合でも、

試合経過時間が 30分を超えてくるとレベルや装備差は殆どなくなります。 

残るのはタワーやバロンなどのオブジェクト差のみです。

 

するとどうなるか?

先に相手を全滅させたチームの勝利です。

チームをまとめることが出来れば、全員で視覚を取り、茂みに隠れることも可能です(bait行為)

 

勝ち越しているチームほど油断して単独行動しがちです。

そこを突くことができれば一発逆転に繋がります。

 

 

↑でも紹介しましたが、終盤になると復活時間は1分かかるのです。

1分あれば相手のネクサスを壊すことが出来ます。

 

最後まで諦めないことが大切です。

TOPかMIDを選ぶ

 

 

私はADCを主に専門としているため、選択肢としてはあまりおすすめしていません。

しかし、TOPとMIDというのは序盤から活躍が期待できる役割です。

 

もし腕に自信があるようであれば、

対面の敵を早期に潰すことで戦況が有利なものになります。

 

序盤で試合を壊せるほどの強さを手に入れ、オブジェクトを破壊していきましょう。

相手のサレンダー(降伏)が通るかもしれません。

おすすめの記事