音楽ファンには必須アプリ!「Shazam」の魅力と使い方を紹介!

 

今回は音楽を愛する人たちにとって、必要不可欠であろうアプリを紹介させていただきます。

 

よくコンビニやデパートで流れている音楽を気に入ったものの、

曲名が分からずもやもやした体験はありませんか?

 

歌詞が分かればまだ検索して調べることが出来るものの、そもそも歌詞がない曲もありますよね。

 

こうした問題を解決してくれるのが「Shazam」です!

Shazamとは

 

 

Shazamは音楽を数秒間聞き取り、アーティストと楽曲名を表示してくれます。

GPS機能を許可する事で、聞き取りによって調べた曲は日時と場所と共に記録されます。

 

「あの時にコンビニで聴いた曲が気になるけど、何だったかな。」

 

という問題の解決になりますね!

多少の雑音はOKで、数秒間あれば曲名が分かるShazamは優れものです。

人気曲が分かる

 

 

 

Apple Musicと提携していることで、人気曲がわかります。

そして再生ボタンを押すことで、すぐにサンプル音源を視聴可能です。

画像認識機能

 

Shazamでは新たに、画像認識機能も追加されました。

アメリカでは雑誌にQRコード代わりとして用いられているそうですが、

QRコードとの違いは然程無いように感じます。

AppleがShazamを買収

 

Shazam Entertainment Ltdという会社によって開発された本アプリですが、

先日AppleがShazamを買収しました。

 

これにより、ユーザー側にとって 2つのメリット が発生します。

広告の撤廃

 

広告費用で運用されていたShazamから広告が無くなり、

完全無料かつ広告の表示されない究極の優良アプリとなりました。

 

Shazamは通信を要するアプリなので、本アプリのデータ通信をオフにしても使用は出来ません。

見たくもない広告を見せられなくて済むのは大きなメリットといえます。

Apple製品に更なる進化?

 

AppleがShazamを買収する事で、Apple製品にShazamが導入されるのは予想がつきます。

AIや音声認識で活躍する「Homepod」「Airpods」は、

競合他社としてAmazonの「Alexa」や、「Echo」の存在があります。

 

もしApple社の「Homepod」にShazamに用いられた技術が用いられるのであれば、

会話をした人の声を記憶し、声質や話し方ごとに異なったパターンを記録する……といった事も可能ではないかと思います。

 

この点で、Amazonの「Alexa」「Echo」に差をつけていくのではないでしょうか。

 

ちなみにShazamの買収額は4億ドルとの事。

恐ろしい金額ですね。

Shazamをダウンロード

 

この便利なアプリ「Shazam」は是非手に入れておきたいアプリです。

下記にリンクを貼らせて頂きましたので、この機会に良かったら使ってみてください。

 

App Storeでダウンロード

 

Google payでダウンロード

 

 

おすすめの記事