アプリの広告を表示させない方法をご紹介!

 

スマートフォンやタブレット端末でアプリを起動している際、

これでもか!といわんばかりに広告を挿入してくるアプリありますよね。

 

アプリ自体はいいのに、ゲームの途中や、利用したい時に数十秒の広告が流れるのはしんどいです。

そこで、アプリ開発者には申し訳ありませんが、合法的に広告を表示させない方法をご紹介いたします。

モバイルデータ通信をOFFにする

 

 

広告は通信を要します。

ということは、 モバイルデータ通信をOFFにすることで、広告が表示されなくなります! 

また、Wi-fiを使用している場合も同様にOFFにしましょう。

 

いちいち設定画面を開くのが面倒という方は、機内モードにする事で即インターネット環境を断ち切ることが出来ます。

これでアプリ内の広告が表示されなくなり、快適に使用できるようになります!

デメリット

 

しかし、デメリットは2点存在します。

まず1点目は、使用している端末で通信が出来ないということは、LINE等も利用出来ないということです。

電話機能は使用できますが、最近はLINE電話を使う方が多いですよね。

 

アプリに夢中になり、いざデータ通信をONにすると着信通知がいっぱいに……。

という事になる可能性もあります。

 

2点目、元々通信を要するアプリではこの方法は使えません。

動画配信サービスや、対人ゲーム等はもともとデータ通信を必要とするものに対しては無効です。

番外:ブラウザ上の広告も非表示に出来る

 

スマートフォンやタブレットでネットを閲覧していると、

下部に広告が張り付いていたり、サイトを表示した瞬間、全画面に広告が出たりと、

煩わしいものも多いです。

 

しかし上記で挙げたようにモバイルデータ通信をOFFにしてはネットを閲覧できません。

そんな時はコンテンツブロッカーを使いましょう!

コンテンツブロッカーについて

 

 

コンテンツブロッカーは本来得たい情報とは異なるもの(広告)

をブロックしてくれるアプリです。

App storeやGoogle playにて配信されています。

有料と無料のものにわかれていますが、私は無料のもので事足りると思いますので、

こちらを紹介させていただきます。

 

AdFilter - Safariを快適にする広告ブロックアプリ

 

           

 

↑はブラウザにSafariを用いる場合です。

Android端末の方などは、下記を参考に合ったものをダウンロードしてください!

Firefox Focus: プライバシー保護ブラウザー

   

 

FireFoxを使用されている方向けのコンテンツブロッカーです。

Adblock Browser Android版

 

   

 

Android向けウェブブラウザです。

最初からコンテンツブロック機能の付いたブラウザですので、1つのブラウザで一石二鳥ですね。

短所としては、他ブラウザよりも少し重いです。

それでも広告を表示することを考えればマシかもしれません。

おすすめの記事