今回はシャドウバースやハースストーンといったオンライン対戦型カードゲームは今や人気タイトルとなり、

世界中で様々なプレイヤーが日々対戦に明け暮れています。

 

しかし、デッキによっては有利不利があったり、ランダム要素も多いため運に頼らざるを得ないケースも多いです。

そんなカードゲームで99%勝利する方法を今回は紹介します。

⚠注意⚠
今回紹介するのは、あくまで個人の所見によるものです。
体感的に99%勝利できるものではありますが、大多数の方には嫌がられます。
楽しんでプレイしたい!という方はみないようにしてください。

【勝率50%到達の壁】大前提としてメタデッキは把握しておく

 

シャドウバースではGamewith 、ハースストーンではHEATH GAMER で今どのデッキが強いのか?

対策は何か?を知っておく必要があります。

当然の事ではありますが、カードの効果を知らないのに適当にプレイしていては勝率50%さえ届かないことでしょう。

まずはここを抑えることで勝率50%を目指します。

サニー
最新~2,3世代前のパックに登場するカードだけを覚えたら大丈夫だよ!

惑星さん
そんなに覚えられないよ~。

サニー
無理に覚えようとしなくても、何回かプレイする内に体感的にわかるようになるよ!

【勝率50%の壁】アドバンテージ差で勝つことを意識する

 

手札を温存することはとても重要です。

仮に相手が3枚のモンスターを場に出したとしても、あなたが1枚のカードで全て駆除することが出来れば、

これは大きなアドバンテージ差が生まれることになります。

 

逆に、序盤から攻め込みたいからといって全ての手札を使い切った後は、相手のカウンターが待ち構えている可能性が高いです。

相手のデッキコンセプトが分かるまでは無暗にカードを出さないようにしましょう。

また、ハースストーンの場合はヒーローパワーと呼ばれる毎ターン使用できるスキルがあります。

今カードを出して次のターンが有利になるか否かを想像していきましょう。

 

サニー
ちなみに序盤から攻め込みタイプを「アグロ」って言うよ!
アグロデッキは序盤耐え凌げば勝ったようなものだから、
相手の出方をみて守備を固めるといいよ!

惑星さん
マグロみたいで美味しそうだね!

サニー
サクサク勝ってランクを上げたい人には「アグロ」デッキをおすすめするよ!
例え負けても勝率50%以上をキープ出来れば、いずれ高ランクに到達できるからね!

惑星さん
サーモン食べたい!

【勝率60%の壁】リスクを負いすぎず「リーサル」を逃さない

 

リーサルとは、プレイミスが無ければ勝利が確定していることです。

相手のHPが15に対し、場のモンスターや手札を合わせて相手に15ダメージ以上与えることが出来れば、その時点で勝利ですね。

また、ランダム要素を含むカード(〇〇%の確率で相手に△△ダメージ等)も準リーサルとします。

そしてこの〇〇%を引き上げることがポイントです。

例えばあなたが「ランダムな相手キャラクターに15ダメージ与える。」といったカードを持っていたとして、

相手の場にはモンスターが数体いたとします。

ここで何とか相手のモンスターを減らすことが出来れば、そのターンで勝利が確定しますね。

 

しかし!!

 

このリーサルを狙おうとして失敗した場合のことも考えておきましょう。

もしかすると相手もリーサルが狙える状態かもしれません。

サニー
サニーは50%以上の確率なら勝負に出るよ!
逆にそれ未満なら、次のターンに備えて保身に入るかな!

惑星さん
僕は1%でもその可能性に賭けてみるよ!

【勝率70%の壁】勝てる時間帯にマッチする

 

シャドウバースは日本国内、ハースストーンでもアジアサーバーであれば日本人や朝鮮人がプレイヤーの大多数です。

ここからカードゲームで勝つ!ということに対して、少しひねくれた戦法になります。

 

まず、プレイヤーの平均年齢です。

http://i.imgur.com/loNq9QJ.jpg引用:http://i.imgur.com/loNq9QJ.jpg

 

シャドウバースの平均年齢は34歳です。ハースストーンは海外勢も多いのでデータとしては分かりませんが、同程度でしょう。

ここでポイントとなるのは、20代~40代のプレイヤーはそれなりに知識を持っていて、プレイミスも無ければメタデッキもしっかり把握しているという事です。

まともに相手をしていれば勝率50%~60%が限界でしょう。(よほど運がいい人は別ですが)

逆に、10代や50代以降のプレイヤーはどうか?

 

この方々は何となくで遊んでいるケースが多いです。

そこまで勝利に執着しない、他にやる事が出来ればそちらを優先する。

そんな人たちです。

 

では何をするか?

彼らがプレイする時間帯にマッチしましょう。

オススメの時間帯は平日の昼12:00~13:00や、土日の朝です。

多くの社会人はプレイし辛い時間帯で、学生や年配者と遭遇する可能性が高いです。

 

となれば、自分より知識が少ない人を相手に出来るわけなので、勝てる確率もあがります。

例え相手がリーサルを狙える状態だとしても、うっかりで見逃してもらえるかもしれないのです!!

惑星さん
でも僕も社会人だし、その時間帯にプレイは難しいよ~。

サニー
大丈夫!今回で紹介するとっておきの99%勝利できるテクニックを次に紹介するよ!!

【勝率99%の壁】相手に精神をコントロールする

今回の本題です。そして多くのカードゲーマーには叩かれることでしょう。

ですが、これが真実で私自身はこの戦法でレジェンド、マスターランクに到達することが出来ました。

 

その戦術はいたってシンプルです。

それは相手が平常心でいられなくなる様に精神をコントロールします。

 

ではどうやるか?二つあるうちの一つ目を紹介します。

どのカードゲームに共通して言えることですが、

自分の手番を目いっぱい使い、相手プレイヤーの時間を消費させる事です。

いわゆる遅延行為というやつですね。

これは悪質な場合はアカウント停止の処分を受けるようですが、未だそのような報告を聞いたことがありません。

カードを選んだり、悩むフリをして自分のターンをギリギリまで使います。

ハースストーンとシャドウバースの持ち時間は90秒ですが、序盤のプレイでは90秒も必要ありませんね。

カードを出すか出さないかの違いだけなので、個人的には10秒で十分です。

 

しかし、相手を精神的にコントロールするにはこの瞬間から持ち時間をギリギリまで使います。

遅延プレイに対して相手が出る3パターン

 

  • 相手が放置している?これはチャンス!サクっとターンを返す
  • 遅延プレイ?ふざけるな!こっちも同じように遅延してやる!
  • 何事もないかのように平常心でプレイする

 

一番取り扱いやすいのは中段のタイプです。

そして3割の確率でこのタイプにあたります。

 

遅延行為や煽り行為をしてきても、一切相手にしないことです。

ただ単に最低限の動き+ターンをギリギリまで使うことにだけ意識します。

 

これを繰り返すだけです。

ですが、相手に時間の余裕があれば対処されてもおかしくありません。

そこで二つ目の方法です。

 

それは平日の昼や夕方を狙うことです!

平日の昼は学生や社会人の昼休憩、夕方は帰宅途中の時間帯です。

 

この時間帯は隙間時間にプレイしている人が多いです。

そんな人たちにとって、遅延行為の相手は辛いはず。

1ターン90秒+相手ターンを考えても3ターン程で5~6分の遅延です。

勝負が決まるのに15~20ターンかかると思うと……昼の貴重な休み時間や電車の乗り換えがきてもおかしくありませんよね。

 

なので、本気で勝ちたい人はこの時間帯だけ勝負することをおすすめします!

ただし、くれぐれも煽り行為はしないようにしましょう。試合を早い段階で終わらせられるかもしれませんが、

通報されるリスクがあります。

運営側も遅延行為だけではグレーゾーンなので、BANはできないはずです。

 

まあ嫌われるプレイには変わりないので、ご友人等と遊ぶ際には気を付けてください。

オマケ:遅延行為の際に起こる心理現象

 

これは知り合いの心理学者に聞いてみた話ですが、

人は何かと比較して平等ではないと悟った時にストレスを感じます。

 

誰かと待ち合わせて、自分は先に来たのに相手が遅れてくるとイラっときますよね?

これと同じで、遅延行為も同じ時を共有しているのに「平等ではない」という事がミソなんです。

 

ちなみにハースストーンに限定した話ですが、相手が遅延行為に慣れてきたあたりで

 

「ハースストーン ノズドルム」の画像検索結果

を出しましょう。きっと焦りますよ!

 

 

 

 

おすすめの記事