先日「急性白血病」であることを公表した競泳の池江璃花子選手が、自身のTwitterでコメントを発表しました。

コメントの内容

「今の私の率直な気持ちです」という出だしで始まったメッセージ。

池江選手の思いが綴られています。

池江選手らしい心のこもったコメントですね。

大変な状況の中でもファンや周りの方々に気を遣う姿は、昨日コーチ達が会見でもおっしゃっていた通り頭が下がります。

私たちに出来ること

池江選手のコメントにもあるように、今は治療に専念していただくことが大切です。

私たちが今出来ることは池江選手の回復を願うこと、そして骨髄バンクに登録することだと思います。

池江選手に向けてメッセージを送ることも力になるはずですが、

「頑張って下さい」

という言葉は控えたほうが良さそうです。

なぜなら、池江選手はものすごく頑張っているからです。

すでに頑張っている相手に「頑張って」というのは酷ですよね。

また、マスコミの方々にも池江選手の気持ちを尊重していただきたいです。

間違っても”池江選手が闘病している姿を隠し撮りして世間に発表する”なんてことはやめて下さい。

(ご本人が闘病中の姿を世間に発信して、同じ病気の方を勇気付けたいという場合は別です)

池江選手はとても優しいので、周りへの気遣いで疲れてしまわないか心配です。

治療に専念できる落ち着いた環境が、早く提供されることを願います。

 

おすすめの記事