出典:日刊ゲンダイ

ロックンローラーとしておなじみの内田裕也さん(本名:内田 雄也さん)が、肺炎のため17日に死去しました。

79歳でした。

2017年11月に脱水症状で倒れてから、晩年は病気やけがによって車いす生活を余儀なくされていました。

内田さんは1973年に樹木希林さんと結婚したものの、1年半後に別居。

その後は40年以上に渡り別居生活が続きました。

内田さんは逮捕歴が3回(大麻取締法違反、銃刀法違反、住居侵入)あり、勝手に離婚届を出すなど問題がありましたが、樹木さんは一切離婚を考えませんでした。

普通では考えられないような夫婦の形ですが、彼らはお互いを尊敬しあっていたようです。

ある意味、究極の愛ともいえますね。

男性は妻に先立たれると生きる気力がなくなってしまうと言いますが、内田さんも最大の理解者を亡くしたショックは計り知れないものだったのでしょう。

昨年9月に死去した妻の後を追うように、生涯の幕を閉じた内田さん。

天国で樹木さんと再会できることを願っています。

ご冥福をお祈りいたします。

 

おすすめの記事