最強のワイヤレスヘッドホン「Astro A50」を買ったのでレビュー!

 

どうもRetraceです。

休日出勤+夜勤手当等が美味すぎるので、それを資金にApple Watchを買うつもりだったのですが、やめてカメラの防湿庫と今回紹介するヘッドセットを買う事にしました。

2019年8月発売時の定価は4万弱のAstro A50ですが、今は3万ぐらいになっています。

かなり評判の良いヘッドセットですが、購入するにあたり注意する点がいくつかあって悩みました。

その点を踏まえても素晴らしい物だと思ったので、良い点と悪い点をわけて紹介したいと思います。

まずは開封

 

これ、めちゃくちゃ箱がでかい!!

 

近くにあったリモコンと比較してみましたが、もう箱からしてタダモノではない感が漂っています。

開けるとこんな感じ、ヘッドセットの上にあるのは光出力用のケーブル(1m)で、

底面にベースステーションとUSBケーブル、説明書が入っています。

 

ベースステーションは幅、奥行きとも20cmはない感じです。

高さはヘッドセット込みでも25cmぐらい。

今まで使っていたヘッドホンは机にフックでかけていたので、比べると少し場所をとるものの見た目カッコいいので良しとしましょう!

   

Astroのここがスゴイ① ワイヤレスなのに遅延が全くと言っていいほど無い

このAstro A50は2.4G HZ ワイヤレスと呼ばれる接続方式をとっていて、遅延がマジでありません。

Bluetoothのヘッドホンだと映像よりも0.3秒ぐらい遅れてる感じがあります。

音楽を聴くだけならいいのですが、遅延があると映画はもちろん音ゲーやFPSでは致命的です。

動作範囲は15mなので、大抵の場合は家のどこに居ても視聴できるのではないでしょうか?

 

友人と通話をしながら、別の部屋にいっても、寝転がっても大丈夫です。

ワイヤレスって有線と比べて重くなりがちですが、370gと音質の良いヘッドホンと同じぐらいの軽さです。

ちなみにRazer Nari Ultimateっていうヘッドセットとどちらにするか悩みましたが、決定打となったのはこの重量の違いです。

確かRazer社の方は500g近くあったような……500mlのペットボトルを頭に乗せ続けるのを考えるとちょっときついかなって感じです。

キーボードやマウスはRazer製なので、出来れば統一したかったけど、その気持ちを上回ってきたのがこのAstro A50です。

では次に音質について触れます。

Astroのここがスゴイ② 音質がめちゃくちゃいい

ワイヤレスのヘッドホンなんて5年ぐらい縁が無かったので、音質は悪いだろうという先入観がありました。

しかし……このA50の音質は今まで使っていた有線のヘッドホンよりもめちゃくちゃ音質がいいんです。

疑似的とはいえ、DOLBY AUDIOを採用しているので、映画やライブ映像の迫力は信じられないぐらい向上します。

音質マニアからしたらもうちょっとドンシャリしたいとか専門用語が出てきそうですが、一般人からしたら最高級の音質に感じます。

 

ちなみにMOD KITという5000円ぐらいで別売りしている耳パッドを革製にする事で密閉感が増して、より迫力+遮音性が上がるらしいです。

付けなくても現状でかなり満足をしているので、これは様子見したいと思います。

Astroのここがスゴイ③ つけている事を忘れるような密着感

 

ヘッドホンって出来ればあまり付けていたくはないんですよね。

前に使っていたヘッドホンは2時間ぐらいつけていると、ちょっと頭痛いな~って感じがしました。

でもこのA50は締め付け具合が絶妙というか、意識したら耳になんか当たってるな~、あ、ヘッドセットつけたままだったって気づくぐらいです。

あと首まわした時に気づくぐらい。

支障なければ家にいる時はずっと付けていてもいいんじゃないかってぐらいの感覚です。

これは人によるかもしれませんが、付けている事を苦痛に感じさせない事に感動しました……。

Astroのここがスゴイ④ イコライザ設定で様々な用途に合わせて使用できる

 

イコライザ設定については初期状態でもASTRO、PRO、STUDIOと用意されています。

これらを切り替えるだけでも音の違いは体感できると思いますが、ネット上ではこのイコライザをユーザーの好みに合わせて設定できる機能があって、

この設定項目がシェアされているのをコピー事で特定のゲームに特化した設定や、映画、クラシックと用途にあわせて楽しむ事が出来ます。

例えばFPSゲームでは敵の足音を聞くのに特化した設定、音楽はあえて中音域を下げて高音と低音のメリハリをつけるといった楽しみ方ですね。

 

3つ設定しておけばヘッドセット側で切り替えられるので、通常用、ゲーム用、音楽用と分けておくと便利です。

では続いて悪い点を書いていきます。

Astroのここが残念① 音が一瞬途切れる事がある

 

10分に1回ぐらいの頻度で音が途切れます。

これは調べても「ワイヤレスの宿命だ」と言われているので、まあ仕方ないんでしょう……。

何が原因か分からないけど、体感的には0.2秒ぐらい途切れています。

公認サポーターの人は気にならないレベルなので大丈夫とは言っていましたが、これ映画や音楽の視聴に集中している時に途切れると、ちょっと残念な気持ちにはなります。

ゲームでは特に気になる時はないです。

Astroのここが残念② スタンバイモードはいらなかった……

 

ご親切なことに、このヘッドホンを机に置いて数秒たつとスタンバイモードに切り替わります。

立てることですぐに復帰しますが、これ着けている状態で下を向き続けていてもスタンバイモードになってしまいます。

 

普通に使う人にとっては問題ありませんが、このヘッドセットをつけた状態でプランク(腕立て伏せみたいな体勢を維持する筋トレ)をやると作動します。

残念と言うより、人によっては充電の節約になるのでメリットなんですが、個人的にはいらなかったかな……電源切ればいいだけだし。

まあ残念な点ってこれぐらいです。

続いて一番の問題であろうAmazonのクチコミにあった悪評価について触れます。

気になるAmazonレビューでの悪評価

 

AmazonでAstro A50のページをみると、殆どは良い評価をつけていますが、5%ぐらいの割合で悪い評価をつけている人がいます。

どんな商品にも悪い評価をつける人は一定数いて、

本当に商品が悪いのか、妥協できる範囲なのか、それとも使い方が悪いのかに分かれると思っています。

 

2020年8月時点で出ている悪評価の中で目立っていたのは、突然ファームウェアの更新表示がバージョン0.0になり、聞こえなくなるというトラブル。

人によってはUSBを付け外ししたり、ヘッドセットをベースに一度置けば解決されるとか。

 

ですがこれはソフトウェアの問題のようで、初期化でなおるみたいです。

ヘッドセットのDOLBY切り替えボタンと、右側にあるGAME音量調整ボタンを同時押しし続ける事で初期化、ベースステーションに戻す事で出荷前状態になります。

このファームウェアによる問題は使っていて突然起きるのかと言われると、個人的にはソフトウェア更新時にヘッドセットがベースステーションにしっかり設置されていなかった事が問題なのでは?と考えています。

このトラブルに直面したわけではないので、推測でしかありませんが……。

まとめ

 

Astro A50は悪い部分もあるけど、それを上回る性能があるので満足しています。

ただ値段が高いので、万人向けはしないですね……3万あったら有線でもいいヘッドホン買えると思います。

用途としてはやはりゲーマー向けで、映画や音楽を本格的に楽しみたいという方は違う物を探したほうがいいかも?

 

おすすめの記事