マスクを落としたら大惨事!予備のマスクは必ず用意しましょう!

 

今やマスクは必需品です。

コロナ禍により、当たり前の装備品となったマスク。

衛生用品であるが故に、紐が切れてしまったり、落としてしまったりと突然使用が不可能になる事もあります。

 

外出時に予備が無いと焦りますよね。

マスク無しで外出しようものなら周りから白い目で見られることも珍しくありません。

マスクを落としてしまった場合

マスクを落としてしまった場合、再び口につけるのは衛生的に良くありません。

しかしマスクを着けないと周りからの目が気になる方もいるでしょう。

 

落としたマスクを再びつける事は病原体を口元に寄せているのと変わりません。

万が一落としても、予備が着用できるように余分に持っておきましょう。

紐が切れた場合

 

紐が切れた場合はまだ何とかなります。

接着剤やセロハンテープは布に対して効果が薄いので、すぐ取れてしまいます。

 

なので、再びマスクの切れた部分に少しだけ穴をあけて、方結びをしましょう。

結び付けることで、多少引っ張っても切れることはありません。

汚してしまった場合

 

白いマスクは汚れが目立ちます。

飲み物を飲んだり、ご飯を食べた後などは口をしっかり拭かないと、外側から汚れが目立ちますよね。

最悪、着用できなくはありませんが、見た目的にはかなり厳しいです。

 

やはり予備は必要ですね。

予備のマスク保管法

個人的には布マスクをジップロックに入れておくのがベストだと思います。

一度着用したマスクを一時的に保管するためのマスクケースに入れている人もいますが、使い捨てマスクを入れるのは衛生的によくありません。

 

個包装されたマスクをカバンに入れている方もいますが、いざ使おうと思った時にしわしわになっているかもしれません。

やむを得ないとはいえ、少しみすぼらしいですね。

その点、布マスクであればシワが目立つことは少ない上に、洗えば繰り返し使えるのでコスパが良いです。

 

まだ予備マスクを持っていない方は必ず持つようにしましょう!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事