【創造営】RIKIMARUさんがセンター!『蓮(Lit)』の感想

こんにちは!

創造営の第三話で、『蓮(Lit)』のステージが公開されましたね。

RIKIMARUさんがチームにいるということで、もともと期待値が高いグループでしたが、ステージは成功したのでしょうか。

今回は、『蓮(Lit)』のステージを見た感想をお話したいと思います。

※ネタバレあり

『蓮(Lit)』の感想

まずは、ステージの様子をご覧ください。

短期間でこれだけのパフォーマンスを行えるなんて、信じられますか!?

ダンスが苦手なメンバーがいるとは思えないほど、全員の息が合っていて一体感があります。

クオリティが高すぎです。

すでにデビューしているグループと言っても、誰も疑わないと思います!

曲と振り付けもかっこいいですよね。

力強い音と中国らしい音楽が融合されていて、迫力があります。

衣装も燃えるような赤を身にまとい、この曲にぴったりです。

センターのRIKIMARUさんは、KINGということでマントを着けていますが、とても似合っていますね。

RIKIMARUさんはダンスはもちろん、歌もお上手です。

今回は、がなるような低音や力強いラップを披露してくれました。

それから、表情がとてもいいですね。

不敵な笑みを浮かべたり、真剣な顔つきになったり、うまく使い分けています。

表情に気を配ることができるのは、ダンスが身体に入り込んでいるからこそできる技です。

他のメンバーはそこまでの余裕がありませんでしたが、RIKIMARUさんのように表情管理ができるようになるといいですね。

とにかく、欠点がひとつも見つからない素敵なステージでした!

(しいて言うなら、RIKIMARUさんのマイクがきちんと固定されていなかったようで、何度も手で持ち上げていました。それがなければ、さらに良かったかなと思います!)

ここで、原曲のMVも観てみましょう。

こちら↓


いかがですか?

おひとりで歌っているということもあり、原曲のほうが落ち着いている雰囲気ですよね。

原曲のLAYさんは、低い声で冷静に燃えているような表現をされています。

RIKIMARUさんとはまた違う印象を受けますね!

どちらもかっこよくて、とにかく耳に残る曲です。

まとめ

『蓮(Lit)』チームは、結果的に全体のグループの中で1位を獲得し、チーム全員がAグループになることができました。

とても仲が良く、離れるのが寂しいと言っていたので、同じグループに入れてよかったです。

このチームはパフォーマンスのレベルが高く、チームワークも素晴らしかったので、誰もが認める文句なしの結果となりました!

今回の放送で、RIKIMARUさんはダンスと歌が上手なだけではなく、人柄のよさも評価されました。

今後もチームを引っ張っていくような存在になりそうです。

次回はテーマ曲が披露されるそうです。

放送がとても待ち遠しいですね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事