【JO1】冠番組『トレスギJO1』の視聴方法と感想

3/26の24:55から、JO1の冠番組が放送されました。

その名も『トレスギJO1』です!

JO1の地上波初冠番組ということで、放送決定時から大きな話題でした。

「仕事があって観られなかった……。」

「最近JAMになったばかりで、見逃してしまった!」

という方も、ご安心ください。

地方にお住まいの方や、用事があって観られない方のために、見逃し配信中です。

今回は、見逃し配信の視聴方法と、番組の感想についてお話したいと思います!

見逃し配信はどこで見られるの?

見逃し配信は、TVerで視聴可能です。→こちら

しかも、無料で観られて会員登録も不要なんです!

とても便利ですよね。

簡単なアンケートに答える必要がありますが、年齢・性別・郵便番号の3点だけなのですぐに終わります。

すでに放送を観たという方も、もう一度視聴してみてはいかがでしょうか。

『トレスギJO1』の感想

ここからは番組のネタバレを含みます。

まだ観ていない方や、ネタバレ厳禁な方はご注意ください。

全体を通して感じたことは、JO1は面白い!ということです。

もちろん、審査員の方々の力もありますが、JO1のもともとの個性が際立っていてよかったです。

また、JO1は他のメンバーに対しても優しく、全員が肯定するというのも素敵です。

これは今回の番組に限った話ではありません。

他のボーイズグループでは、メンバーをいじったり、少し乱暴な言葉を使って笑いを誘ったりしますよね。

JO1はそういった要素が全くないので、とても穏やかな気持ちで見ることができます。

番組の中では、11人中7人のパフォーマンスが披露されました。

その中で特に面白かったのは、金城さんの「絶対音感」です。

審査員が弾いたピアノの音を聞いて、すぐに同じ音を弾くというものです。

めちゃくちゃ自信満々な金城さんでしたが、1問目で外してしまい、ステージの扉が閉まります。

そこで、外したのにも関わらず、ものすごいポーカーフェイスでカメラを見つめているのが面白過ぎました。

そのあと2回挑戦しましたが、どちらも1問目で外していました。

その結果、音を外してからのポーカーフェイスという流れが、ある意味パフォーマンスだという話になっていました。(笑)

これは真夜中に大爆笑してしまうほど面白かったので、ぜひ観ていただきたいです!

次に、川尻さんの「ロックバランシング」も面白かったです。

制限時間3分以内に石を積み上げる挑戦をしましたが、結果は成功ならず。

しかし、扉がしまってからも真剣なまなざしで挑戦を続けていて、面白かったです!

その後、自分の席に戻ってからも挑戦する権利を与えられ、無事に成功していました。

しかも、画面が切り替わるたびに積み上げ方が変わっていて、最終的に4パターンくらいになっていました。(笑)

しれっと変えている姿が面白過ぎました。

それから、河野さんの「ヨーデル」も良かったです。

返事を「レイ↑」で返すなど、ヨーデルに染まっているところがさすがでした!

JO1のパフォーマンスは、ユーモアにあふれたものから真剣なものまで、バランスよく取り扱われていました。

他にも、OPやBTBWの披露など見どころ満載なので、まだご覧になっていないかたは、ぜひ見逃し配信で観てください!

メイキング映像

番組のメイキング映像がYouTubeに上がっていました。

番組を観たあとにぜひご覧ください!

まとめ

『トレスギJO1』は本当に面白い番組でした。

ただのバラエティ番組ではなく、メンバー同士の仲の良さが際立っていて最高でした。

パフォーマンスを習得するのは大変だと思いますが、SNSでも大好評だったので、ぜひ全国でレギュラー化して欲しいです。

今後もJO1の活躍から目が離せませんね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事