トイレをなるべくきれいに保つコツは?

みなさんはトイレ掃除をどのくらいのペースで行っていますか。

わたしは1日おきに掃除シートで便座の表と裏を拭いています。

それから週に1~2回は、眉間にしわを寄せながらブラシで便器の中を掃除しています。

 

置き型の洗浄剤を常に設置しているので、一応トイレの水を流すたびに便器内が洗浄されていますが、それだけだと汚れがついてしまうんですよね。

なので自分で掃除する必要があるのですが、トイレは汚い場所ですしなるべく掃除の手間を減らしたいと思っています。

 

そこで、今回はトイレをなるべく綺麗に保つコツについてお話ししたいと思います。

きれいに保つために、あらかじめ〇〇しましょう

そもそも、汚れたら掃除をするという発想を変えます。

 

最初から汚れないようにすればいいのです!!!

 

トイレをなるべく使わないようにしましょう。というわけではありません。

具体的な方法としてわたしが一番有効だと思ったのは、トイレをする前に便器の中にティッシュを敷くことです。

水がたまっている部分ではなく、水にふれていないサイドの部分に軽く敷くのが効果的です。

 

結局、便器の中が汚れる原因って汚れが飛び散るからですよね。

ティッシュをあらかじめ敷いておけば、飛び散った汚れをティッシュが受けとめてくれるので便器が汚れにくいんです。

かなり効果がありますよ!

 

トイレがすぐに汚れるので困っているという方は、便器の中にあらかじめティッシュを敷くという方法を、ぜひ試してみてください。

毎回敷くのはティッシュがもったいないので、ものすごくお腹が痛い時などにやってみてくださいね。

(ティッシュを敷く余裕なんてないかもしれませんが……)

まとめ

せっかく綺麗に掃除したのに、すぐにトイレが汚れてしまうというのは避けたいですよね。

しかし、うちでは綺麗に掃除した日に限って家族に汚されることが多いです。

昨日だったらよかったのに……!なぜ今……!と悔しい気持ちになることがあります。(笑)

 

掃除をしている本人は、常に「汚さないように気を付けよう」と思って行動します。(トイレ以外でも!

しかし、普段掃除をしない人たちは何も気にせずに用を足してしまうんですよね。(涙)

 

マーキングか?

 

と目を疑うような、ものすごい汚れがついていることもあります。

流すときに気が付かないのでしょうか……。不思議です。

 

家族には「汚れそうなときはあらかじめティッシュを置いてね!」と伝えているのですが、残念ながらいまだに実行してくれている気配はありません。

まだまだ戦いは続きそうです。

 

それでは。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事