【実録】ファイザーワクチン2回目接種後の様子

 

ファイザーワクチンの2回目接種から2週間が経過しました。

 

 

2回目接種の2週間後に抗体が出来上がるとのことで、これでしばらくは安心できそうです。

 

※もちろんこれからも感染予防対策を徹底して自粛生活を続けます。

 

 

今回はワクチン接種から2週間経った様子についてお伝えしたいと思います。

 

ワクチン接種後の様子について

①接種した腕のかゆみと赤み

 

接種した部分だけではなく、ひじの辺りや手首付近も赤くなってかゆみが生じることがあります。

 

かなりかゆいですがかくとみみず腫れのように膨れるので我慢しています。

 

もともと皮膚が弱くかぶれやすい体質ですが、反対側の腕は何ともないのでワクチンの副反応かもしれません。

 

 

とりあえず日常生活に支障はないのでかゆみが出た時はかゆみ止めのクリームを塗ってやり過ごしていますが、これ以上ひどくなるようだったら皮膚科へ行こうと思っています。

 

②胸の痛み

 

接種から2週間経つか経たないかという頃に突然胸の痛みが発生しました。

 

我慢できる程度ですが仰向けで寝ているときに「あれ?」と違和感を感じたんです。

 

常に痛いわけではなく心臓の鼓動に合わせてズキズキと痛みました。

 

 

立っているときも若干痛みはありましたが、仰向けの状態が一番気になりましたね……。

 

 

これ以上悪化したらどうしようと不安でしたが2日程度でおさまったのでとりあえず一安心です。

 

副反応との関連性はわかりませんが普段痛むような場所ではないのでかなり心配になりました。

 

まとめ

ワクチンの副反応かは分かりませんが、ファイザーワクチン2回目接種から2週間後の様子をお伝えしました。

 

ワクチン接種後に普段と違うことが起きるとつい副反応と結び付けてしまいますが、もしかしたら他に原因があるかもしれません。

 

症状が続く場合や心配な方は自己判断で放置しないようお気を付けください。

 

 

また何か変化があればご報告したいと思います。

 

それでは。

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事