秋のApple新製品発表会がありましたね。

iphoneとApple Watchの新作登場を予想していましたが、そこは的中しました(笑)

 

 

さて、今回は近々発売されるiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、Apple Watch Series 4について紹介していきたいと思います!

新しいiphoneの見た目は?

 

 

今回のiphoneは大きくわけて2種類。

その内の1つがXSシリーズです。

XSシリーズには前年発売されたX同様、Super Retinaディスプレイが採用されています。

サイズはXSがX同様5.8インチ、XS Maxは6.5インチと過去最大級の大きさを誇ります。

カラーはゴールド、スペースグレイ、シルバーの3つから選択できます。

 

 

そしてもう1種類がXRシリーズです。

Super Retinaディスプレイとは異なり、Liquid Retinaディスプレイが採用されています。

サイズは6.1インチと、XSシリーズの中間に値しますね。

そして魅力的なのはカラーバリエーションの多さです。

 

 

ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、レッド、コーラルから選択できます。

これは保護カバーで隠すのがもったいなくなりそうですね。

 

そして残念なことに、全種からホームボタンが撤廃されました。

約11年に渡りiphoneを支えてきた物理ボタンが無くなるのは少し悲しい気持ちもありますが、

技術の進歩により決断された結果なので、受け入れるしかないようです。

 

 

サニーちゃん
ホームボタンのカチッっていう感触は安心感があったよね。

 

 

新しいiphoneの性能は?

 

気になるのはやはり性能ですね。

iphone Xと比べてどうなのか?

既にまとめられているサイトがあったので引用させて頂きます。

 

出典https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/09/13/xsxsmaxx-w1280.jpg

 

こちらはXS、XS Maxの比較表です。

 

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/09/13/iPhoneXR.PNG

出典https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2018/09/13/iPhoneXR.PNG

 

そしてこちらがXRシリーズとの比較表です。

サイズについては一目瞭然なので、わかり辛い部分を紹介していきます。

注目すべきはXSシリーズの防塵、防水性能です。

XやXRはIP67とありますが、XSシリーズはIP68ですね。

これは国際電気標準会議(IEC)により規定されているもので、簡単に説明すると、

 

 

IP67・・・30分以内の水没ならOK

IP68・・・水没し続けてもOK

 

 

というわけです。すごいですね。

しかしテストをしているとはいえ、あくまで理論上は水没し続けても大丈夫ということです。

電化製品なので、いずれ劣化はします。

お風呂場や海で使うことは避けたほうが良いでしょう。

 

サニーちゃん
試験は「水」に対しての結果だからね!「海水」とは成分が違うから注意だよ!

 

また、CPUのA12チップにも注目です。

Appleにチップを供給するTSMCと呼ばれる会社がA13チップまで独占供給すると宣言しました。

つまり来年の2019年に新しく出るiphoneには、このA13チップが供給され、他スマートフォンは性能的に置いてけぼりになる可能性が高いです。

 

そして私が一番驚いたのはXSシリーズでは最大容量ストレージに512GBのモデルが存在します。

単純に音楽ファイルだと10万曲入れられることになりますね。

数年前に発売されたipodやipod classicの立場は……。

 

その他にもCPUが強化されたことでカメラの画像処理能力も向上しました。

これによりポートレート撮影では、よりボケが自然に見えるように配慮された撮影や、

当然ながらブラウジングやゲームの処理速度も向上しました。

 

惑星さん
だんだん欲しくなってきたよ~。

Apple Watchは画面が大きくなった

 

 

Apple Watch Series 4は前作よりも2mm程大きくなりました。

そのサイズは40mmと44mm。

新iphoneと比較することではないので、Apple Watchとしてはこれくらいがちょうど良いでしょう。

 

また、リューズ(龍頭)は回すと少しカリカリっと音を発し、腕時計らしさが備わりました。

AppleWatchの気になる魅力は?

 

 

ジャイロスコープや加速度計、心電図計測機能を駆使し、万が一ユーザーが倒れた際は自動で救急連絡を行ってくれます。

これは頼もしい……!しかも業界初、FDAの認可を受けているとのことです。

てっきりApple WatchはビジネスマンかApple信者が買うものだと勘違いしていましたが、

これは健康面を気にされるかたにとって重宝しそうなアイテムですね。

 

また、スピーカーの改善されて騒がしい場所でも聞き取りやすくなったとのことです。

Apple Watch Series 4の販売価格は40mmモデルが4万5800円、44mmモデルは4万8800円です。

予約は明日9月14日開始、9月21日発売です。

 

ご検討中のかたは売り切れる前に予約しましょう!

 

惑星さん
FDAの認可を受けているとはおそるべしだね!

 

 

サニーちゃん
お年寄りのかたには是非Apple Watchを着用してもらいたいね!

 

 

 

おすすめの記事