寝ぐせに困っている方必見!夜〇〇するだけ!?

髪型がばっちりきまらないと、1日中気分が落ちてしまいますよね。

毛先がはねていたり、前髪が浮いていたり、他人から見たら気にならないことでも、自分にとっては大問題です。

朝シャンプーをしている方は、寝ぐせが取れるので髪のセットがしやすいと思います。

わたしは身体をきれいにしてからじゃないと眠れないので、必ず夜お風呂に入ります。

そのため、朝起きると寝ぐせがついていることがほとんどです。

(夜と朝両方洗う方がいるかもしれませんが、洗いすぎると皮脂が取れすぎてしまうので、朝か夜どちらかにしたほうがいいと思います。)

でも、夜あることをするだけで、寝ぐせがつきにくくなり、翌朝のセットがしやすくなったんです。

今回は、髪のセットが楽になる方法についてお話したいと思います!

夜〇〇するだけで、寝ぐせがつかなくなる!?

お風呂に入って髪を洗ったら、ドライヤーで乾かしますよね。

実は、この乾かし方が重要なんです。

自然乾燥は頭皮と髪を傷めてしまうので、絶対にしないでくださいね。

それでは、乾かし方の手順について詳しくみていきましょう。

①髪をすぐに乾かす

お風呂から上がって優しくタオルドライしたら、すぐに乾かしてください。

タオルをターバンのように巻いて、しばらく放置する方がいらっしゃいますが、根元にくせがついたまま乾いてしまうので、変なあとがついてしまいます。

髪の形は毛先ではなく根元に左右されます。

あとで毛先を濡らしてブローしたとしても、根元にくせがついていたら意味がありません。

根元にくせがつく前に、しっかり乾かすことが大切です。

②根元が乾いたら、ブローする

根元が乾いてきたら、毛先をブローしてください。

半乾きの髪をブローしながら乾かすイメージです。

ブラシを使ってもいいですが、慣れていない方はブラシのついたドライヤーを使うのがおすすめです。

完全に乾いた髪をブローすると、水分がなくなってパサついてしまうので、半乾きの状態で始めることがポイントです。

美容院でも、乾かすときは途中でブローに切り替わりますよね。

時間はかかりますが、ブローをすることによってしっかりキューティクルが整うので、寝ぐせがつきにくくなります。

適当に乾かしただけだと毛先がはねたりしますが、ブローすることによって自然な内巻きワンカールになるので、翌朝のセットが楽になりますよ。

③最後は冷風を当てる

ブローが終わって髪が完全に乾いたら、冷風を当ててください。

髪を冷やすことでその形がキープされます。

少し面倒かもしれませんが、必ず冷風を当ててから終わるように習慣をつけていきましょう。

まとめ

毎朝髪をぬらして寝ぐせをなおしたり、コテで無理やりセットしていたという方は、夜の乾かし方を変えてみてください。

わたしはこの方法を試してから、翌朝何もしなくても出かけられるほど、寝ぐせがつかなくなりました。

それまでの乾かし方が適当すぎたというのもありますが……。

乾かし方ひとつで翌朝の髪の状態が変わるなんて、信じられないかもしれませんが、効果は抜群です。

朝の準備の時間を少しでも節約するために、ぜひお試しください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事