食欲がなくても栄養を摂りたいあなたへ、おすすめのメニュー

こんにちは。

病気じゃないのに、なんだか食欲がないときってありませんか。

わたしはもともと食事に興味がなく、食べることが面倒なのでご飯を抜いてしまうことが多いです。

ご飯を食べた後にお腹が重くなるのが苦手なので、毎回の食事量も少なめです。

でも、最近は「栄養をつけるためにもしっかり食べよう。」という風に、意識が変わってきました。

自分の身体は毎日の食事から成り立つので、気を付けていこうと思います。

しかし、毎回外食をしていたらお金もかかりますし、味付けも濃いめなので塩分過多になってしまいます。

だからといって毎食自炊するのは、大変だという方も多いと思います。

今回は、食欲がなかったり、食事をするのが面倒なときにおすすめなメニューについてご紹介します。

栄養もしっかり摂れますよ!

おすすめメニュー

お肉と野菜がバランスよく摂れるメニューを、3つご紹介します。

調理方法も「ただ煮込むだけ」「ただ焼くだけ」と簡単ですし、分量をはかる手間もかからないのでおすすめです。

自分が食べたい分だけ作れるので、食品ロスも回避できますよ。

3位:ラタトゥイユ

出典:S&B

ラタトゥイユとは、フランスの野菜煮込みのことです。

野菜がしっかり食べられますし、冷めても美味しいので作り置きもおすすめです。

玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニなどのお好みの野菜をにんにくと炒めて、ホールトマト缶かカットトマト缶を投入するだけです。

味付けは、コンソメや塩コショウがおすすめです。

お肉も食べたいという方は、野菜を炒める段階でベーコンやソーセージを加えても美味しいですよ。

わたしは、ラタトゥイユをたくさん作っておいて、パスタソースとして食べることもあります。

その際は、塩コショウやチーズを加えたりして、味を濃くします。(そのままだと薄いので)

トマトが好きな方はぜひお試しください。

2位:お手軽鉄板焼き

出典:ヤオコーレシピ

鉄板焼きと言っていますが、フライパンで十分です。

好きな野菜とお肉をフライパンで焼いて、焼き肉のたれやポン酢でいただきます。

野菜は何でもいいですが、ピーマン、なす、じゃがいも、玉ねぎ、エリンギ、にんじん、にんにくなどが特におすすめです。

お肉は豚バラ肉でも、鶏肉でも、牛カルビでもなんでも合います。

お好きなものを選んでください。

はじめに火が通りにくいものから焼き始めるのもいいですし、焼けたものから順次食べていくのもおすすめです。

ガスコンロがあればテーブルで焼けるので、焼肉屋さんごっこもできます。

一人暮らしのかたはもちろん、家族で食べるのもおすすめです。

ただ焼くだけなので簡単にできますよ。

1位:具だくさんお味噌汁

日本人といえばお味噌汁です。

お味噌には栄養が詰まっているので、毎日飲むのがおすすめですよ。

お味噌汁の具はなんでもいいです。

冷蔵庫に余っている野菜やお豆腐を鍋に入れて、火にかけるだけです。

お味噌はプッシュタイプの容器がおすすめです。

普通の四角いパックに入っているものは、分量をはかるのが面倒ですよね。

でも、プッシュタイプのものなら押すだけなので、とても簡単で便利です。

しかも昆布だしなどが入っているので、あらかじめ出汁を取る手間もかかりません。

汁物は食欲がないときでも飲みやすいので、ぜひ作ってみてください。

まとめ

食事とは、生きていくうえで必ず必要な行為です。

毎日ジャンクフードを食べたり、好きなものだけを食べていたら、数年後に身体の不調として現れてしまうかもしれません。

毎日凝った料理を作るのは難しいですが、今回ご紹介したメニューなら簡単に作れるのでおすすめです。

ぜひ栄養面を考えた食事をしてみてください。

それでは。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事