ベトナム旅行におけるホテルの選び方6選!5つ星である必要はありません!

シンチャオ!

ここをみているという事は、ベトナムに興味があるということでしょうか?

発展途上国としてはかなり活気にあふれた国で、初めていくかたは驚くかもしれません。

せっかくの旅行、楽しい思い出にしたいですね!

今回はホテル選びをテーマに執筆します。

ベトナムで五つ星ホテルに宿泊することは、日本の都内にある3つ星ホテルと値段はほぼ変わりません。

「裕福な暮らしを満喫するぞー!」というかたにはうってつけです。

しかし、現地の3つ星クラスでも侮れないほどサービスの良いホテルや立地の良い場所もあります。

値段もかなり抑えられますので、長期滞在されるかたは視野に入れてみてください。

ですが「安かろう悪かろう」とはよく言ったもので、妥協しなければならない点もあります。

ただ、個人的にここは妥協するべきではない!と思った点を紹介するので、ホテル選びの際はご参考までにどうぞ!

1.周辺が閑散としている

Googleマップでみても周りに商業施設などが全くないような場所は危険です。

人通りがその分少なく、治安にも影響します。

また、立地の悪い場所に多くタクシー移動が主な移動手段になってしまっては、せっかくホテル代を浮かせても意味がありませんね。

2.部屋に窓がない、景色が悪い

旅行先では深夜の外出は控えるべきです。

ホテルは寝るだけではなく、ホテルそのものも楽しむべきだと私は思います。

そんな中、窓がなかったり、あってもすぐ隣のビルしか見えない……。

これでは気分も晴れませんよね。

以前、立地が良くて安いホテルに宿泊した際は、窓があるもののコの字になっていて、

覗くと向かい側の部屋や廊下しかみえませんでした(笑)

これなら窓無いほうがいいのでは……。

3.シャワーが水しか出ない、水圧が弱い

これは人によって妥協するか、しないか分かれると思います。

年中暖かいベトナムでも、シャワーはお湯で浴びたいものです。

また、水圧が著しく弱いとなると、毎日の疲れを癒すにもストレスを抱えるかもしれません。

以前、テレビで芸人さんが常に10本のシャワーヘッドを持ち歩いていると聞いて驚きました。

さすがに10本はやりすぎと思いますが、こだわりのある方はマイシャワーヘッドを持参するのも手ですね。

4.防音性能が低い

ベトナムはバイク天国です。

早朝から深夜までバイクが絶えることはありません。

クラクションも鳴り響き、日本の道路は比じゃないほどうるさいです。

客室の防音性能が低いと、この音のせいで眠れないこともあり得ます。

しかし確認は難しいので、立地面から考えると大通り沿いのホテルは避けるか、

大通りとは反対側の部屋を予約するべきでしょう。

耳栓で対処するのも可です。

5.立地、治安が悪い

1番と少しかぶりますが、当然ながら治安が悪い場所を選ぶべきではありません。

ホーチミン市では4区を除く1区周辺のホテルがおすすめです。

それでも深夜になると貧困層が観光客を襲う事件もありますので、十分注意してください。

6.口コミが悪い

これは究極です。

しかし口コミの評価は人それぞれなので、そのレビュー内容をみて、

自分ならこの程度は我慢できる、と思えればそのホテルは穴場かもしれませんね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかくの旅行先で不自由な思いをするのは勿体ないです。

安いホテルの上位グレードより、高いホテルの下位グレードの方が待遇の良い場合も多いです。

しかし、5つ星ホテルのように至れり尽くせりな旅よりも、

現地スタイルに合ったホテルこそベトナムを最大限楽しむための一環ではないでしょうか?

おすすめの記事