カラオケで機種選びに悩むあなたに!最適の機種お教えします!

 

カラオケに行く時、受付でよく聞かれるのが機種の希望ですね。

数年前は、

DAM = 音質

JOYSOUND =収録曲数

といったイメージが強かったものですが、最近ではそうも言い切れなくなりました。

 

そこで今回は、機種による違いは何か?

自分に合った機種選びを説明させていただきます!

収録曲で選ぶなら「JOY SOUND」

 

マイナー曲を歌いたい場合、

DAMとJOY SOUNDのどちらかと言われたら、JOY SOUNDを選択しましょう。

さらにJOY SOUNDのなかでも機種の新旧で差があります。

オススメはJOYSOUND MAX2!

 

出典:JOYSOUND

 

2017年7月に発売された「JOY SOUND MAX 2」では収録曲数は27万7千曲と、業界最多を誇ります。

定番な曲はもちろん、マイナー曲も幅広くカバーされています。

 

また、ハイレゾを取り入れているため極上の音を楽しむことが出来ます。

 

出典:JOYSOUND

 

従来の機種と比べ、約5倍のレスポンス速度は歌い心地に大きく影響しますね!

アリーナ会場を疑似体感できる

 

出典:JOYSOUND

 

アリーナサウンド機能を使うことで、ボタン一つでカラオケルームがライブ会場へと変貌します。

反響音がより迫力のあるものになるという事で、歌う側としても気持ちよく歌えますね!

最近は楽器を持ち込む方も多いので、カラオケルームでバンド練習というのも定番になりつつあるかもしれません。

MAX2が無かったらこれで!JOYSOUND MAX

 

出典:JOYSOUND

 

2015年7月に発売された「JOYSOUND MAX」は圧倒的という言葉で話題になりました。

MAX2と比べると劣化版という印象を持ちがちですが、収録曲数はMAX2と同じです。

 

出典:JOYSOUND

ハイレゾ音源こそありませんが、様々な楽器の生サウンドを収録した「X-Leben」を搭載しており、

臨場感のあるカラオケを楽しむことが出来ます。

 

むしろ、バンド練習で無いのならこちらでも全く問題ありませんね!

マニア向け?JOYSOUND F1

 

出典:JOYSOUND

 

2012年6月に発売された「JOYSOUND F1」はマニア向け機種です。

採点や音質はMAXに劣るため、普通に考えたらMAXのほうが良いです。

 

しかし、F1には「妖怪ウォッチ採点」と呼ばれるアニメキャラクターが採点してくれるシステムがあります。

これが子供たちには人気なため、未だ家族層から需要を保っているようですね。

 

また、MAXでは採点の際に細かなアドバイスをくれるのですが、F1にはありません。

 

「アドバイスなんていらないよ!」

 

という方はF1の方が良いかもしれませんね(笑)

本人映像やライブ曲を楽しみたい方はDAM

 

続いてDAMの紹介です。

DAMは本人映像が多いです。

また、ハイレゾを取り入れている「JOYSOUND MAX2」よりも音質は優れています。

とにかく映像と極上サウンドを楽しみたい!という方はLIVEDAM STADIUMSTAGE

 

出典:LIVEDAM

 

2017年10月に発売した「LIVEDAM STADIUM STAGE」はDAMの最新機種です。

まるで自分がライブ会場のステージに立っているような感覚を味わうことが出来るといったもので、

その臨場感はハイレゾ音源を使った「JOYSOUND MAX2」を超えると言われています。

 

出典:LIVEDAM

また、新たに付いた機能で個人的に良いと思ったのは「Nipponglish」と名付けられたカタカナ英語のルビです。

強弱がついているため、何回か練習することで本場の洋楽のように歌うことも可能になりますね!

本人映像が多い

 

 

 

ここでいう本人映像とは、ライブ映像やPVはもちろん、アニメの場合は原作のOPやEDで使われるムービーも指します。

よく、J-POPの本人映像はDAMで、アニメ関連ならJOYSOUNDの方が映像は多いといった印象でした。

 

しかし、最近ではDAMがアニメ映像を取り扱う事も増え、むしろJOYSOUNDよりも力を入れています。

よく友人が知らない曲を歌う際、映るのがカラオケビデオ独特の世界観だと魅力が半減しますし、

曲の歌詞しか入ってこない事もありますよね。

 

音楽をイメージした元となる映像やPVがあるのであれば、是非そちらも観たいですし、

それをきっかけに曲を好きになることもあります。

映像に力を入れているDAMはありがたいですね!

STADIUM STAGEが無ければSTADIUMで!

 

出典:DAM

 

「LIVEDAM STADIUM」は2015年4月に発売されました。

「LIVEDAM STADIUM STAGE」と音質面での明確な違いは見られませんが、

「Nipponglish」等の機能はついていません。

 

ただ極上サウンドでのカラオケは、こちらの機種でも十分お楽しみいただけます。

 

出典:DAM

 

カラオケ部屋でデュアルモニターを採用するため、他のカラオケ部屋とは視覚的にインパクトが違います。

まるで自分がライブ会場にいるような錯覚を起こせるようになったのは、この「LIVEDAM STADIUM」が原点ですね!

 

出典:DAM

 

ボタン一つで部屋全体が迫力のサウンド空間に早変わりする、ライブサウンド機能は、迫力のある曲と相性ばっちりです。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回紹介したのはLIVEDAM・JOYSOUNDシリーズの最新機種にあたる部分です。

LIVEDAMやPremierDAM、JOYSOUND CROSSO等は約10年前になる旧式モデルです。

 

悪いわけではありませんが、同じ料金を払うのであれば最新機種でカラオケを楽しみたいですよね!

 

簡単にまとめると、収録曲数で選ぶならJOYSOUNDで、映像や音質で選ぶならLIVEDAMシリーズです。

飲み会等の後、盛り上がるのはLIVEDAM STADIUMシリーズではないでしょうか。

 

ぜひ、機種の希望を聞かれた際にお役立てください!

 

 

 

 

おすすめの記事