キャバクラのエスコートレディってどんなお仕事?

 

夜のお仕事といえば、キャバクラ、クラブ、スナックなどが思い浮かびますよね。

 

これらの職業は短い時間で高収入が得られるので大学生やOL、主婦に人気があります。

 

 

時給が高いので「やってみたい!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、フロアレディはお客様との会話を盛り上げながら自分もお酒を飲んだりと、器用な立ち回りが求められます。

 

ただ椅子に座って笑っていればいいというわけではないので、意外と難しい職業です。

 

  • 「未経験からフロアレディになるのは不安かも……。」
  • 「お客様と会話が続かなかったらどうしよう……。」

 

そんな悩みを抱えている方におすすめなのが、エスコートレディのお仕事です!

 

夜のお仕事でいきなりフロアレディを目指すのはハードルが高いので、まずはエスコートレディとしてお店の雰囲気に馴染んでみてはいかがですか?

 

 

店舗によってはエスコートレディからフロアレディに転身することもできるので、おすすめですよ!

 

今回はそんなエスコートレディのお仕事について詳しくお伝えしていきます!

エスコートレディの仕事内容

エスコートレディの仕事内容は、その名の通りお客様をエスコートする(付き添う)ことです。

 

具体的な業務をいくつかあげてみました。

 

具体的な業務

■コートや鞄をお預かりする

■席までご案内する

■食事や飲み物を運ぶ

■空いたお皿やグラスを下げる

■灰皿の交換

■お手洗いまでご案内する

 

なんだか高級料理店やホテル内のレストランの業務と似ている部分がありますね。

 

ただ、エスコートレディは男性(ボーイ)と違って、服装がバニーガール!なんてこともあります。

 

その分給料は上がりますがそういった格好に抵抗のある方は応募の前に確認しましょう。

 

 

ここで、一点注意です!

 

 

単純にエスコートレディとしての役割のみのお店もあれば、フロアレディのようにお客様との会話が発生する所もあります。

 

基本的にはエスコートのお仕事をしますが、フロアレディの数が少ない日や、フロアレディがお手洗いに行っている間などに穴埋めをするような形です。

 

「穴埋めだから適当でいいや」と気を抜いてしまうと、お客様に不快感を与えかねないので接客の際はしっかりと責任を持って対応しましょう。

 

 

ちなみに、接客の有り無しは選べるお店もありますが最初から有りになっているところもあります。

 

面接に受かっていざ入店してみたら、いきなり接客をさせられた!ということが起きないように、面接の時点で接客の有無を確認しておきましょう。

採用基準は?

お客様がお店に入った時に一番最初に目にするのは、エスコートレディの姿です。

 

お店の顔とも呼べるエスコートレディは第一印象がとにかく重要です。

 

そのため容姿端麗な女性が好まれます。

 

また、常にフロア全体の状況を把握してお客様とフロアレディの両方に気を使わなければいけないので、頭の回転が速く臨機応変な対応ができる方が向いています。

 

時にはお客様からお叱りの声(クレーム)をいただくこともあります。

 

クレームの内容がフロアレディに対するもので自分は悪くないという場合でも、お客様の話を聞いてなだめなければいけません。

 

「そんな理不尽なことはしたくない!」と思われる方はやめておいたほうがいいです。

 

過去に接客業の経験がある方は面接時にアピールしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

 

業務内容や採用条件を見て、エスコートレディになるのは難しそうだと思われたかもしれません。

 

ですが、そもそも中小規模のお店では募集していないレアな職種です。

 

求人情報を見つけたらラッキーだと思ってぜひ挑戦してみてください!

 

それでは。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事