ZOOM飲みのメリットとデメリットについて

みなさんは、ZOOM飲みをした経験がありますか。

ZOOM飲みとは、無料通話ソフトのZOOMを使って、オンラインで飲み会を開くことです。

コロナの影響で自粛期間が始まってから、一時期話題になりましたよね。

いまでも多くの方が利用していると思います。

わたしも月に数回ZOOM飲みをしているのですが、今回はその時に感じたメリットとデメリットについて、お話したいと思います。

ZOOM飲みのメリット

自分が好きなものを選べる

対面で飲み会をすると、自分が苦手な料理が出てきたりしませんか。

コース料理ならあらかじめ分かるのでいいですが、メニューから自由に選ぶタイプだと、みんなが食べられるものを選ぶのが大変ですよね。

ZOOM飲みなら、自分の好きな食べ物と飲み物を用意できます。

安い

あまりお酒を飲まないのに飲み放題のコースを予約されたり、小食なのに食べ放題コースで予約されることはありませんか。

わたしはあまり量が食べられないので、食べ放題で予約されると、少しテンションが下がってしまいます……。

でも、他の参加者はよく食べるので、我慢していました。

ZOOM飲みなら自由に選択できるので、自分の好きな食べ物と飲み物が用意できます。

また、自宅のパソコンやスマホから参加できるため、移動する必要がないので交通費も浮きます。

外で飲み会を開くと、交通費を除いても5000円くらいかかりますよね。

自宅なら2000円もあれば十分揃えられるので、結果的にとても安上がりになりました。

終電を気にしなくていい

自宅から参加すれば、終電の時間も関係ありません。

好きなだけ飲み会に参加できるので、満足度が高いです。

また、酔っぱらってけがをしたり、帰れなくなることもありません。

外で飲み会を開くと、帰る時間が気になってしまい、後半はそわそわしてしまいますよね。

そんな心配は全くしなくていいので、心置きなく楽しめます。

ZOOM飲みのデメリット

抜けるタイミングがつかめない

さきほど、メリットとして終電の時間を気にしなくていいと言いましたが、実はデメリットにもなります。

はじめから時間を決めておけばいいのですが、決めていない場合はいつまでもだらだら続いていきます。

少人数ならまだしも、10名以上になると常に誰かが話している状態になるので、「そろそろ抜けます。」と言いにくくなります。

抜けるときに一言断らなくても、自由に抜ければいいのかもしれませんが、急に退室するのも失礼だと思うので……。

対策として、わたしは時間が決まっていない場合は「今日は〇時頃まで参加します。」と、自分の予定を伝えるようにしています。

2人以上がZOOMに接続する場合は、有料になる

ZOOMは3人でつないだ場合、40分で強制終了になってしまいます。

また接続しなおせばいいのですが、それが面倒な場合は有料会員に登録する必要があります。

動かずに飲み食いするので太る

ただでさえ自粛期間で運動量が減っているのに、毎週のように飲み食いしていたら太りますよね。

お酒を飲むときは、味が濃いものやジャンキーなものを食べる方が多いと思います。

でも、たまには冷ややっこや枝豆などのカロリーが低いものを食べるのがおすすめです。

それか、ZOOM飲みの前にジョギングをするなど、身体を動かしておきましょう。

飲み過ぎてしまう

自宅だから帰りの心配がいらないと思って、飲み過ぎてしまう危険があります。

こまめに水を飲むなど、泥酔しないように気を付けましょう。

まとめ

まだまだ自粛生活は続きそうですね。

飲み会だけではなく、昼間にお茶会をしてもいいですし、ZOOMには無限の可能性があります。

友人や家族と話してストレス解消しながら、今年も乗り切りましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事