お腹が痛くなる原因と対処法について

みなさんは、どんなときにお腹が痛くなりますか。

わたしは、冷たいものを食べたときや、牛乳を飲んだとき、緊張しているときなどに痛くなります。

でも、腹痛にはさまざまな原因がありますよね。

たとえば、飲食が原因だったり、精神的なものが原因だったり……。

腹痛とひとくくりにいってしまえばそれまでですが、腹痛にもいろいろな種類があります。

原因を探って正しい対処法を行わないと、その腹痛が治まることはありません。

今回は、腹痛の原因と対処法についてお話したいと思います。

自分の体質を把握する

まず必要なことは、腹痛の発生原因を明確にすることです。

どうしてお腹が痛くなってしまったのか、前後の行動などを考えてください。

また、自分がどんなときにお腹が痛くなりやすいのか、把握しておくことも大切です。

わたしの場合は、冷たいものや辛いものを食べたり、牛乳を飲んだあとは高確率で腹痛が起きます。

ですから、外ではなるべくこれらの食べものを控えるようにしています。

どうしても食べたいときは、必ず家で食べます。

自宅でお腹を壊す分には、辛いですが大惨事にはならないので……。

夏場は冷たい食べものを欲しますが、常温か温かい飲み物を飲むようにしています。

胃腸が弱いので仕方ないですが、こうして自分の体質を把握しておくことで、急な腹痛を回避することができます。

原因を探る

さて、食べすぎや食中毒など、食べものが原因で腹痛が起きた場合は、とりあえずトイレに駆け込むことが多いと思います。

トイレでスッキリして腹痛が治まればいいですが、それでもまだ具合が悪い時ってありますよね。

生ガキや火の通っていない鶏肉を食べたなど、食中毒に心当たりがある場合は、すぐに病院へ行くべきです。

それ以外の場合は市販薬で様子を見てもいいでしょう。

精神的なことが原因の場合は、その問題を明らかにします。

例えば、「昨日仕事でミスして、上司に怒られたから出勤しにくい……」「友達と喧嘩して学校へ行きたくない」など、ストレスがかかると腹痛が起きることがあります。

その原因をすぐに解決するのは難しいかもしれません。

でも、あまり深く考えすぎず「なんとかなる!」と楽観的に考えるのも一つの手です。

たとえば、仕事でミスした際はとにかくひたすら謝って、次ミスしないように手順を再確認するなど、前向きな姿勢を見せることで自分自身も救われる部分があります。

友達と喧嘩した場合は、素直に「仲直りしよう!」と声をかけて、早いうちに修復したほうがいいですね。

それでもうまくいかない場合もあるかもしれません。

でも、誰かのせいで自分が腹痛を起こすって、悔しくないですか?

やるだけやってだめなときは、時間が解決してくれます。

精神的なことで腹痛を起こしやすい方は、肩の力を抜いて、腹痛を回避できるように努めましょう。

まとめ

急にお腹が痛くなったら、まず原因を考えてみてください。

自分の体質を把握して、腹痛を起こさないように心がけることも大切ですよ。

お腹が痛くなりやすい方は、腹痛時にパニックにならないよう、日ごろからシュミレーションしておきましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事