【JO1】KCON:TACT3でBTBWを初披露!視聴方法&感想

JO1が韓国の音楽番組”KCON”に出演しました。

昨年の出演に続き、2回目ですね。

今回の出演ですが、先日のMカで獲得した新規JAMのおかげで、多くの方から注目されています。

JO1は、いったいどんなパフォーマンスをしたのでしょうか。

今回は、KCONの視聴方法と感想についてお話したいと思います。

KCONの視聴方法

こちらは、YouTubeでKCONの有料メンバーシップになるか、チケットぴあで視聴券を購入する必要があります。

個人的には、YouTubeのほうがおすすめです。

チケットぴあは一度きりしか見られませんが、YouTubeなら見返すことができるからです。

今回のJO1の出演日ですが、3/23と3/25の2日間でした。

23日はパフォーマンスではなく、メンバー同士のミニゲームや会話などの「M&G」が行われました。

ステージ上の姿とは異なり、普段のリラックスした姿を見られるのでとても面白いです。

洗濯ものをたたむ姿や、卓球の球をリレー形式で運ぶゲームなど、見どころ満載でした。

パフォーマンスの感想

今回のセトリはこちらです。

  • 1曲目『Shine A Light』
  • 2曲目『Monster』
  • 3曲目『伝えられるなら』
  • 4曲目『Born to be Wild』

なんと4曲も披露してくれました!

1~3曲目までは、前回のオンラインコンサートで着用していた、紺色のキラキラ衣装を身にまとってました。

個人的にこの衣装が一番好きなので、また見ることができてうれしいです!

そして、新曲『Born to be Wild』では、MVで着用していた白い衣装でパフォーマンスをしてくれました。

この衣装はまるでペンで書いたかのような独特な衣装で、かっこいいですよね。

BTBWの初パフォーマンスということでしたが、ダンスもそろっていて、ものすごくいい出来でした。

生歌もよく聴こえたので、これは何回も見返したくなります。

曲以外にも、メンバーが一人ずつハートを作るシーンがありました。

それぞれの個性が出るハートの作り方で、見ていて癒されました!

木全さんの「鼻からハート」は、オンラインコンサートでもやっていましたね(笑)

彼の持ちネタになったようです。

まとめ

最近、海外JAMが増えてきていますね。

YouTubeのコメント欄は、外国語で埋め尽くされています。

冠番組も始まりますし、今年はJO1の飛躍の1年になるのではないでしょうか。

冬のLIVEツアーに向けて、彼らの動向がとても楽しみですね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事