あべりょうの「何を食べればいいんだ」から食への健康意識を学ぼう!

 

日本の「食」による被害が増加していく

 

最近youtubeで話題のあべりょうさんは時事ネタや社会問題を歌にして届ける事で、

つい聞き入ってしまうんですよね。

若い世代の人たちが知らない様な事もあると思うので、勉強になって良いと思います。

 

この動画ではコンビニやファストフード店での食がいかに危ないものが含まれているか、

でも消費者からは安くて美味くてコストは抑えて、食中毒なんてもってのほか。

そうなると人工甘味料などに頼らざるを得ないのかもしれません。

企業側も大変な思いを重ねての結果なので、一概に消費者が責めるわけにはいかないのです。

 

よく考えてみればコンビニに売っている野菜サラダは何故こんなにも綺麗な形をしているんでしょう?

すさまじい量の保存料を入れているからですよね。

 

動画でもあるように、サラダは漂白剤入り、炭酸ジュースはシュガー10本、おにぎりは片頭痛や緑内障の原因になったり。

消費者は健康を意識してサラダを買うつもりが、意識しているのはカロリーだけという結果になっています。

健康に害が出るのは直近ではないでしょう。早くて数年後~数十年かかります。

自分が不健康になってから喚いても遅いのです。

是非、「食」への意識をつけていってほしいと思います。

 

危険な人工甘味料について理解する

 

 

アセスファムKやスクラロース等はカロリー0を謳っている飲料に含まれています。

同量の砂糖と比べ、100倍甘い人工甘味料は、ダイエットはしたいけど甘い物が欲しい…けど太りたくない…といった人が

最も摂取している物ではないでしょうか?

しかし、残念ながらこれらには砂糖こそ含まれていないものの、太りやすくする体質を作る効果があります。

太りたくないから人工甘味料を摂取していたのに、本末転倒ですよね?

また、それだけではなく依存症や糖尿病のリスクを高めます。

 

コンビニ弁当に入っている醤油も実は危ない

 

意外と思われがちですが、袋にパッケージングされた醤油は醤油ではありません。

本来の醤油とは、「大豆、小麦、塩」で出来ています。

しかし、コンビニ弁当についてくる醤油は、「醤油風調味料」と記載され、

「脱脂加工大豆、調味料、PH調整剤、甘味料、カラメル色素」といった成分で出来ています。

 

脱脂加工大豆とは油を搾ったカスで、これに甘味料や調整を加えて味をつけているという事ですね。

大豆の搾りカスに味はついていません。という事は名前通り「醤油風調味料」というわけです。

とても気持ち悪いと思いませんか?

 

また、醤油のうま味はアミノ酸がお馴染みですね。

筋力アップや疲労回復効果があるアミノ酸は積極的に摂取したい成分です。

しかし、下図をみてください。

 

 

味の素から出されている調味料はこのような表記になっています。

(アミノ酸等)と書かれていますが、じゃあ他に何が入っているの!?と思いますよね。

グルタミン酸ナトリウムと呼ばれる成分が味の素から出されている調味料には含まれています。

これが「うま味」と呼ばれる味の素の代名詞なわけですね。

摂取し続ける事で動悸、息切れ等の中華料理店症候群を引き起こすといったものです。

身近にある物が危険なんですよ。

 

菓子パンの食べ過ぎで嘔吐する?

 

 

お腹が膨れてという意味ではありません。

菓子パンにも様々な添加物、保存料が使われています。

代表的な成分として、イーストフードと乳化剤があります。

このイーストとは酵母の事で、文字通り酵母のエサです。

イーストフードに含まれる塩化アンモニウムには毒性が多く含まれており、摂取しすぎると吐き気・嘔吐すると言われています。

何故そんな物を使うかというと、一度に大量生産できるからです。コスパの問題ですね。

実際は他にも危険な添加物は含まれていますが、大量に表示されているので最早訳がわからなくなります。

 

外食は怖い!食物で身体を摩耗させていませんか?

 

 

普段の食生活に気を遣っていても、外食ではお構いなく添加物や合成着色料、甘味料のオンパレードです。

材料の産地もわかりませんし…。

1皿100円の回転寿司も例外ではありません。

ネギトロは様々なマグロの切り落としがミックスされていて、当然そのままでは腐る+見た目がキレイじゃない為、保存料や添加物が使われています。

希少価値の高いいくらは何故100円で二貫つけられるのか?答えは簡単です。人造いくらだからです。

日本カーバイト工業という化学品・樹脂の会社が開発しているという点も驚きですよね。

 

また動画でも挙げていますが、ファストフード店でのハンバーガーは別名、添加物全部乗せバーガーと強烈です。

「スーパーサイズ・ミー」という作品では監督自らが1日3食ハンバーガーを食べ続けたらどうなるかというドキュメンタリー映画です。

監督は健康体で総コレステロール168だったものが僅か18日で225に。

 

スーパーサイズ・ミーはNetflixで視聴可能です。私は登録しているので後でみて感想を書きたいと思います。

 

→実際視聴したのですが、開始40分頃に嘔吐シーンがモザイク無しであり、非常に不快な思いをしたのでやめました…。

 

 

自ら健康的な食材を求めにいこう!

 

普通のスーパーでは危険な食材で溢れていて、原材料名をいちいち確認するのも面倒ですよね。

そこでオーガニックスーパーの出番です!

 

 

調理・加工されていない食材が陳列されるオーガニックスーパーで食材を買う事で、人工物を摂取する事がなくなり、

健康改善に繋がります。

値段は少し高くはなりますが、健康とコストならどちらを選びますか?

 

東京都内に存在するオーガニックスーパー16選

Natural House
こだわりや
ナチュラルマート
クレヨンハウス
natural & organic bonraspail
Bio c’ Bon
MOTHER’S
GAIA
GEALE’S
リマ
POD-KIVA
ぴゅあきっちん
遠忠商店
FOOD&COMPANY
Musubi Garden
Earth Kitchen

 

上記スーパーは品揃えも店舗によりけりです。

ですが、どれも消費者の健康面を意識した食材を取り扱っているので、選択にかかる時間は短縮できそうですね!

今まで出会えなかった食材にも会えるチャンスかもしれません!

 

日本食が安全!なんて保障はなくて、自身で守っていかなければなりません。

今はネットでの情報収集も簡単に出来ますから、今一度普段の食生活を見直して頂きたいですね。

おすすめの記事